楽天が同性パートナーを”配偶者”に認定!

IT企業大手の楽天は22日、社内規定を改定し同性パートナーを配偶者と認めることを発表しました。

これまでは「日本の法律で認められる婚姻証明に基づく関係」のみを配偶者と認めていましたが、申請さえすれば同性パートナーも配偶者として認められ、冠婚葬祭時の休暇や見舞金といった福利厚生が受けられるようになりました。

今や日本を代表するIT企業へと成長を遂げた楽天、現在社員は1万3千人以上とのことです。新たに定められたこの制度はなんと、LGBTの従業員からの意見がきっかけだったそう!

この社内規定は、すでに5つの都市で認められている「同性パートナーシップ制度」とは異なり、パートナー両者と第三者の署名が記載された社内規定用紙を提出し、受理されればOKなのだそうです。

さらに、各種事業にもLBGTへの対応を拡大!

さらに楽天は、社内にとどまらず楽天が手がける各種事業にもLGBT向けのサービスを開始すると発表しました。

◎楽天カード
クレジットカードの「楽天カード」では、同性パートナーにも家族カードを発行できるようになります。

◎楽天生命保険
生命保険金の受取人に、同性パートナーを指定することが可能になります。

◎楽天ウェディング
結婚式場紹介サイトでは、LGBTフレンドリーな結婚式場の情報が新たに掲載されます。

◎Viber
無料通話アプリのViberでは、LGBTの権利を守る象徴カラーである虹色をデザインしたステッカーが無料で配布されます。

◎楽天Edy
電子マネー機能つきカードにも、あらたに虹色デザインのものが追加されます。


特に、家族カードの発行と生命保険の受け取りを同性パートナーに認めている例はありませんし、結婚式場も同性婚はお断りというところも多く、同性カップルたちにとって、このサービス拡大は願ってもみない吉報だったことでしょう。

親友のたっこが
お相手のなおくんと
那覇市から
パートナーシップ制度第1号として
故郷の沖縄で結婚式を挙げました♡

先日、MAXのLinaさんがブログで報告した幼馴染の同性婚の様子です。

楽天が打ち出した、このような結婚式をあげられる式場情報を掲載するというのは画期的。LGBTの人たちにも我慢せずに結婚式を挙げてもらえるきっかけになりそうです。

これにはネット上で賞賛する声が多数!

従業員だけでなく、そのサービスを提供する私たちにまでLGBTフレンドリーなサービスを展開すると打ち出した楽天には、ネット上からも多くの賞賛の声が寄せられています。

やるじゃん!と驚く声や・・・

画期的制度を評価する声

これを機に、社会全体が変わっていくことを願う声も

少しずつ変化を見せるLGBTへの理解

昨年11月に東京都の世田谷区と渋谷区で「同性パートナーシップ制度」が開始されたのを皮切りに、少しずつですが世間のLGBTに対する理解や対応に変化が現れてきているように感じます。

こういった小さな変化の積み重ねが、やがて大きな結果を生むことになるのではないかと早くも期待されます。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス