双子犬が離れ離れに

2015年9月、ミシシッピ州で生まれた生後8か月のボストンテリアとパグのミックス犬、双子の兄弟のマーフィーとフィネガンは、離れ離れになってしまいました。

それぞれ別の場所に引き取られたのです。

マーフィーは、もともとの飼い主の友人の家に、フィネガンは遠くニュージャージー州の‘Southern Paws‘という動物保護施設に引き取られたのです。

出典 https://www.thedodo.com

左(黒い毛)がフィネガン、右がマーフィー

フィネガンにも里親が

フィネガンは、里親探しのため、同保護施設のリストに載せられました。

インターネットでフィネガンの写真を見つけたエリン・ライアンさんは、一目で気に入ったと言います。エリンさんは、2人の姉と一緒にアパートに引っ越し、ようやく子犬と一緒に住める環境になったそうです。

フィネガンを受け入れる環境が整った

実家でも子犬を1匹引き取ることに

フィネガンを引き取った数か月後に、エリンさんは大学院に行くために実家に戻ったのです。

エリンさんは実家に戻って、子犬がいない環境をとても寂しく感じました。そのことを母親に話した結果、実家でも別の子犬を引き取ろうということになったのです。

フィネガンと離れて暮らすことで寂しさが募ったエリンさん

同じ動物保護施設に問い合わせたら


そこで、エリンさんは、フィネガンがいた動物保護施設に問い合わせたのです。

「フィネガンと同じボストンテリアとパグのミックス犬はいませんか?」と。

するとどうでしょう!保護施設でもちょうどボストンテリアとバグのミックス犬の里親を探していたのです。それは、なんとマーフィーだったのです!

マーフィーを引き取った人が、飼育放棄したため、同動物保護施設が引き取っていたのです。

エリンさんの家族は、それがフィネガンの双子の兄弟だということがすぐにわかりました。それで、マーフィーを、是非引き取りたいと申し出たのです。

それは、2016年2月のことでした。

フィネガンの双子の兄弟マーフィーを運命のように引き取ることに

まるで運命に導かれたように

双子の兄弟のフィネガンとマーフィーはこうしてまるで運命に導かれたように、再会することができたのです。2匹が離れ離れになってから、約4か月後のことでした。

約4か月後に再会した双子の兄弟犬マーフィー(左)とフィネガン(右)

すぐに仲良くなった2匹

周囲の人々は「2匹が互いを覚えてたの?兄弟だって判ったの?」と訊いてきました。

「それは2匹には訊けないので、はっきりとはわかりませんが、2匹はすぐにとても仲良くなりました。たぶん、2匹とも、兄弟だということが判っていると思います。きっと同じ匂いがするのではないでしょうか?」とエリンさんは語っています。

すぐに仲良くなった2匹

離すと鳴き続ける

「2匹は、一緒にいるのが本当に好きなのです。」とエリンさん。

「フィネガンを実家に連れて来るとマーフィーと一緒に寝ようとします。引き離すと鳴くのです。一緒にするまで2匹が鳴き続けるのです。」

2匹を離すと鳴き続ける

離れ離れで暮らしていたことが嘘のように

フィネガンはエリンさんの2人の姉と一緒にアパートで暮らしています。マーフィーは実家でエリンさんとそして両親たちと一緒に暮らしています。アパートと実家は30分離れている距離にあります。なので、度々、2匹を会わせることができるのですが。。

2匹は、再会できるまでの約4か月の間、離れ離れで暮らしていたことがまるでなかったことのように、離れることを嫌がるのです。もう、ちょくちょく会うことができるのに。。2匹は常に一緒にいることを望んでいるというのです。

常に一緒にいたい2匹

双子の兄弟犬でも性格は違う

こんなに仲の良い双子の兄弟犬なのですが、2匹の性格は全く違うそうです。

フィネガンはとても大人しく体もマーフィーより少し小さいそうです。たぶん、マーフィーが先にお腹から出てきた兄で、フィネガンは最後に生まれた弟ではないかと想像されています。

性格は違う

マーフィーはいたずらっこ

マーフィーはとてもいたずら好きで行動的だそうです。

マーフィーはいたずらっこ

フィネガンは大人しいけど一緒に遊ぶことは好き

フィネガンは大人しい子なのですが、マーフィーと一緒に遊ぶことは好きなのです。

フィネガンも一緒に遊ぶことが好き

2匹は何をするにも一緒

よく一緒に遊ぶ

外を見るのも一緒

いつも一緒

とにかく一緒が一番

2匹は現在、1歳になりました。これから何年もずっと、ずっと一緒に育ちます。もう二度と離れることはありません。。

2匹は、ずっと一緒にいられる家庭を見つけたのです。

最後に

こんな偶然の出来事があるのですね。離れ離れに暮らしていたのに、数か月後に同じ家族に引き取られるなんて!2匹の双子の絆の深さがきっとこのような形で再び2匹を引き合わせたのでしょう。しあわせになってほしいですね!

犬や猫たちは、必ず数匹の兄弟姉妹で生まれてきます。でも、そのほとんどが生後数か月で引き離されてしまいますよね。ずっと一緒に兄弟姉妹と暮らせる犬や猫は少ないと思います。

実は筆者も、かつて兄弟猫を保護して引き取っていました。最初の年に2匹の双子猫がゴミ箱に捨てられていたのを救助したのです。その翌年に、また同じゴミ箱に2匹の双子猫が捨てられていて、その2匹も救助しました。後でわかったのですが、同じ人が捨てた猫たちで、4匹はすべて同じ母猫から生まれた兄弟姉妹だったのです。それを猫たちは知りませんが、やはり匂いでわかるのか、4匹がとても仲良かったです。他に1匹、保護猫がいましたが、その猫とはそれほど仲良くなれませんでしたが、4匹の本当の兄弟姉妹猫たちは、いつも一緒に行動していました。やっぱり、動物は兄弟姉妹が判るんだと思います。

参考資料

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス