・なぜ音楽をするのか

Licensed by gettyimages ®

皆様はミュージシャンの人たちがなぜ「音楽」をしているのか考えたことはありますか。音楽が好きだから?誰かにメッセージを贈りたいから?お金のため?カッコいいから?モテたいから?色々な理由を思い浮かべるかと思います。

そんな中カナダに音楽にある特別な思いを込めているミュージシャンがいました。

・カナダのミュージシャン、ロブ・ナッシュさん

出典 https://www.facebook.com

ロブ・ナッシュさんはカナダのミュージシャンです。日本ではあまり知られていませんがカナダ国内では音楽の売り上げチャートTOP10入りをするほどの人気音楽家です。そんな彼はある日、目にした手紙をきっかけにある活動を開始することになりました。

・自殺した少年の遺書

Licensed by gettyimages ®

その手紙は、自ら生命を絶ったある若者の遺書でした。
生徒が通っていた学校の校長から、ある日ナッシュさんに講演の依頼が舞い込んできました。その際に見せられた手紙こそがこの遺書でした。生徒はすでに亡くなられていましたが遺書には、他の生徒との自殺の約束についてが書かれていました。未だ他にも自殺志願者が学校にいることが読み取れるこの遺書、学校側もなんとかできないかとナッシュさんに講演の依頼を行ったのです。

・自殺を望んでいる生徒の前での講演

出典 https://www.facebook.com

ナッシュさんは自殺を考えている生徒が学校に他にもいることを知りながら、学校を訪れ公演を行いました。

そこで彼はステージで、自分の生い立ちについて生徒に話をしました。

・交通事故で死にかけた そして、死にたいと願った

出典 https://www.facebook.com

実はナッシュさんは10代の時に交通事故にあい、九死に一生を遂げていました。かろうじて命はとりとめたものの、大好きなスポーツが出来なくなり、自分の計画していた人生がすべて奪い取られまったのです。まさに人生のどん底で、せっかく助かった命だったけれど「生きていたくない」と強く思っていたと言います。

そんな彼を救ったのが音楽でした。バンドを組み、活動をする中で生きる希望を見出したのです。今でこそ、笑顔を見せステージで輝くナッシュさんですが、彼の心の奥には辛い経験と生きることに対する強い思いが隠されていました。

・講演が終わった後、少女から手紙が渡された

Licensed by gettyimages ®

講演が終わった後、公演を聞いていた生徒の中から少女が一人、彼に手紙を手渡したと言います。それは彼女の遺書でした。
彼女は週末に自殺する計画をたてていました。しかし、ナッシュさんの話を聞いた少女は思いとどまったのです。そして、もう遺書を必要ないからとナッシュさんに渡したのでした。

・学校や拘置所を回る活動を開始

出典 https://www.facebook.com

ただ音楽を奏でるだけでなく誰かのために何かをしたい、自分は何ができるのか…どん底から這い上がり音楽で成功した彼ですが、以前から自分がすべきことはなんなのかを考えいたといいます。

そしてその答えを見つけた彼。この講演後、彼は「ロブナッシュ・プロジェクト」と称して、各地の学校や拘置所を周り自殺願望のある子供達と触れ合う活動を開始しました。

535通以上の遺書、数え切れない若者たちとの約束

出典 https://www.facebook.com

活動を進める中で、ナッシュさんは535通以上の遺書とカミソリや銃弾を子供たちから受け取りました。

・受けとった銃弾の球

出典 https://www.facebook.com

希望を失った若者たちに手を差し伸べる温かいナッシュさんの手。
自傷行為やドラッグをやめると決意した若者たちとの大切な約束がここには詰まっています。

・彼から希望をもらう若者たち

出典 https://www.facebook.com

中には彼に勇気をもらった若者がリストカットをしていた跡を見せ、そこにナッシュさんがサインをするという場面もありました。

・彼の歌詞をタトゥーにするファンも

出典 https://www.facebook.com

ナッシュさんはよく腕にサインをしてくれることで有名です。それにちなんで彼の歌の歌詞を腕にタトゥーとして刻むファンも少なくありません。

・120人の若者たちの名前を腕に刻む

出典 https://www.facebook.com

そしてナッシュさん自身は、これまで出会った若者たちの名前を腕に刻んだのです。

「数年間活動を続ける中で、僕の歌の歌詞を腕に刻んでくれている若者たちをたくさん見ました。それについてずっと考えるうちに僕も決意しました。僕に遺書を渡してくれた最初の120人の子たちの遺書に書かれたサインを僕の腕にも刻もうと。彼らは僕の人生の一部です、彼らが僕を人生の一部だと思ってくれているように。」

出典 https://www.instagram.com

上はナッシュさんがインスタグラムに投稿したメッセージの一部を翻訳させていただきました。孤独を感じている若者たちが自分の腕を見て、同じ思いをしている人が他にも沢山いること、一人ではないんだという事を伝えたいという思いが込められています。

・メディアにも取り上げられることに

出典 https://www.facebook.com

このタトゥーがきっかけでナッシュさんの活動は複数のメディアに取り上げられることになりました。

・彼の活動はこれからも続く

出典 https://www.facebook.com

彼の活動はこれで終わりではありません。活動の詳細は彼のFacebookなどで確認することができます。
多くの若者に歌と希望を届け続ける姿、彼の音楽と人に対する思いと素晴らしさが伝わってくる実話でした。

・彼についての動画はこちら

出典 YouTube

彼の公式紹介動画はこちらになります。英語ではありますが、とてもスタイリッシュです。

・彼の楽曲

出典 YouTube

出典 YouTube

彼が発表してる楽曲を2つご紹介します。いずれもメッセージ性の強い曲になります。Trouble Childは生徒も作詞に参加し共同制作を行った作品です。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス