あの「おぼっちゃまくん」が22年ぶりに復活!

86年から94年に月刊誌「コロコロコミック」で連載され、アニメとしても子どもに愛された「おぼっちゃまくん」が、7月15日発売の「コロコロアニキ」第6号で22年ぶりに復活しました。

おぼっちゃまくんは、御坊財閥999代目の跡取り息子である御坊茶魔を主人公にしたギャグ漫画。中でも、御坊茶魔が口癖のように発していた「ともだちんこ」「そんなバナナ」「おはヨーグルト」「こんにチワワ」「こんばんワイン」「さいならっきょ」などの「茶魔語」は、当時の子供たちの間で流行語になりました。

“茶魔語”は現代の子どもたちにもウケるのか!?

さて、ここで気になる疑問が1つ。

ーー果たして、“茶魔語”は現代の子どもたちにもウケるのか?

おぼっちゃまくんが再度ブームを巻き起こすことができるのか否か。それは茶魔語が現代の子どもたちに受け入れられるのか」にかかっていると言っても過言ではありません。

そこでSpotlight編集部は、2〜6歳の子供たちを前に茶魔語を披露するという体当たり検証を実施。その結果は皆さんの目でお確かめください!

衝撃の結末はこちら

出典 YouTube

復活したおぼっちゃまくん、期待していいんじゃないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス