記事提供:conobie

高熱を出すと決まって幻覚を見たような症状になる息子。

それは【熱せん妄】という現象でした。

始まりは突然だった

次男が2歳か3歳くらいのとき、熱を出して寝ていた日のことです。

突然、息子が叫んだのです。

ビックリした私は、最初は怖い夢でも見たのかな?と思ってました。

そのうち、

こわばるようになり、目に涙をためながら言葉にならない言葉を発するようになりました。

そのうち、何かに怯えるように「怖い!怖い!」と泣き始めたのです。

それでも、なにか怖い夢でも見て…としか思えず、そのうち我に戻るだろうと思ってましたが、全然正気になりません。

さすがに私も怖くなり…。

「幻覚を見てるんだ…!?」と思うようになりました。

でもなぜ幻覚?

熱は38度台…子どもにしては高熱ってほどでもないけど、熱でおかしくなっちゃったんじゃないかと急に怖くなりました。

とにかく落ち着かせよう…。

とにかく落ち着かせよう…。

そればかりを思い、

「大丈夫!大丈夫だからね!」と声掛けしながら、ひたすら息子をギューーッと抱きしめることしかできませんでした。

そのうちふと気づくと、

何事もなかったかのように眠りについてました。

あれはいったいなんだったんだろう。上の子の時、熱でこんな経験したことなかったので、本当に怖かったです。

気になってネットで調べてみると【熱せん妄】という症状でした。

熱せん妄とは、発熱が原因で錯視や幻視、幻聴などの症状が現れる状態のことで、幼児~小学校低学年くらいまでの子どもがなりやすいそうです。

幻視や錯視だけでなく、異常行動を起こすこともあるそうなので、熱せん妄の症状が出た時には、子どもから目を離さないように注意が必要です。

原因と対処がわかればあまり怖くないですが、親としては熱性痙攣と同様に、何度経験しても怖いものです…。

異常行動が一番こわいです。

うちの子は、ゴミ箱にあったゴミを突然ポイポイ出し始めたと思ったら、急にケラケラケラケラ笑い出すとか…ホラーです(汗)

今まで何度も熱せん妄になりましたが、幻視のパターンもいろいろ。

あるとき私の顔を見て突然、

【口が裂けたピーチ姫】と叫ばれました…

熱せん妄が言わせてるのはわかってるんですが、ちょっと凹みました…

今ではイイ笑い話になってますが(笑)

権利侵害申告はこちら