こんにちは。おときた駿です。

昨年の7月31日が私の記念すべき(?)初任給の日でございました。そして写真がその給与明細、正確には

「議員報酬等支給明細書」

です。名前が重々しい…(鞄に放り込んでおいたら折れ曲がってしまいました。ゴメンナサイ)

すべて、有権者の皆さまの税金からいただいているものですから、名前だけでなく文字通り重たいお金でして、改めまして身が引き締まる思いです。

そして…まず政治家が身を切る改革を主張し、

「政治家なんて、みんなお金が目当てなんでしょう?」

という政治不信を払拭すると豪語して政界に入った私ですから、極力そのお金の多寡、使用用途は公開するべきであると考えます。

そこで!早速ですが、給与明細はドドンと公開してしまいます!都議会議員の給与明細の中身は、こちら!↓

これは調べればわかることなので隠すまでもないのですが、都議会議員の月額報酬は1,022,000円です。

これに期末手当(いわゆるボーナス)が年間約2ヶ月強分×2回支給されますので、都議会議員の年収はおよそ1,660万(2013年現在)と言われています。

じゃあ、これが収入になるんだ!

…というわけにも行きません。「議員年金」などの福利厚生制度はすでに廃止されましたので、この給与から

・国民年金
・国民健康保険

を自分で支払う(正確には引き落とされますが)ことになります。それと、昨年度所得に比例した住民税の支払いもありますね。

とはいえそれらを差し引いても、サラリーマン時代に比べれば遥かに大きな金額が手元に残ることも事実。ここからいわゆる

「政治活動」

へのお金を捻出していきます。

そのための活動費用「政務調査費」というものも月々に支給されるのですが、使用用途がかなり限定されているため、議員報酬から相当な額を使うことになりそうです。

なお政務調査費については、近いうちに別途しっかりとブログの記事にして取り上げるつもりです。

果たして、「いくらあっても足りない」といわれる政治活動費、その実態とは一体なんなのか?!

…現時点では僕も、半分くらいしか想像がつきません(苦笑)。

皆さまとともに、少しずつその真実を明らかにしていければと考えています。今後とも宜しくお願い申し上げます。

-------(ここから続編記事)-------

特段変わったことがなければ毎月公開する必要はないと思うのですが、前回の明細は満額ではなかったことと、天引き金額が変更されたのでお知らせ致します。

額面:1,022,000円
所得税:138,049円
住民税:23,400円(New!)

支給額=860,551円

今月から、自分で納めていた住民税の徴収が始まりました。納付方法を天引きに変更してくれるみたいです。

というわけで前回の記事でご案内の通り、ここから

・国民年金(約15,000円)
・国民健康保険(約37,000円)

を支払って手元に残ったものが、いわゆる「手取り」と言われるものになります。この段階だと、80万ちょっとあるわけですね。

じゃあ一体、ここからどうなっていくのかと言うと、固定費はもう包み隠さず書いちゃいます。

【8月の給与の行方】

手取り:80万超

選挙費用の支払い(≒借金返済):約45万
事務所関連の費用:約8万
実家に収める家賃(恥):5万

残額:約22万円

となる感じで、自由に使えるお金はおよそ22万円という結論になります。正直、大卒初任給(の額面)とほぼ同程度。

僕なんかの場合、独身実家暮らしという状態なので十分すぎる金額と言えますが、家族やお子様がいる方のことを考えると余裕があるとは言えない金額ではないでしょうか。

正直、サラリーマン時代の方がぜんぜん裕福です(苦笑)。もちろん、いくら深夜に働いても残業代は出ないのでこれが上限額です。

まあ選挙費用の支払いはだいたい来月で完了する予定なのですが、そうなるとどうでしょうか?固定費は激減して、贅沢三昧でしょうか?

現実的なお話しをすれば、支払の清算が終わると、次の選挙に向けた貯金を始めなければなりません。前回も800万近くつかいましたから、積立額は月15万としましょうか。

また、9月からフルタイムの秘書などを雇う予定なのでその人件費がオンされます。となると、

【今後の仮プラン】

手取り:80万超

人件費:約15万
事務所関連費用:約8万
実家に(略):5万
明日への貯金:15万

残額:37万円

※人件費、事務所関連費用は政務活動費で按分した後の自己負担分で計上
※実際には期末手当とかもあるので、月々の積立金はもうちょっと減らせるのかも
※政務活動費については以下の記事を参照

おお、けっこう残りますね!

しかしながら、ここから毎晩鬼のように入る各種の会合や懇親会の費用を自腹でねん出することになります。細かく政治活動で発生する費用も、すべてが政務活動費で支払えるわけではありません。

年金も国民年金になって、将来もらえる「二階建て」部分が消滅しますから、現実的にはその分の老後に向けた蓄えもしておいた方が良いのでしょう。あと結婚費用g(略

…などなどを鑑みますと、

「金額だけ見れば優遇されているが、決して裕福な生活ができるわけではない」

と言えるのではないでしょうか。4年後の保証も一切ありません。前述しましたが僕の場合、サラリーマン時代の方がよっぽど自由にお金が使えていた計算になります。

「選挙費用なんて自分のためでしょ?国民(都民)には関係ねーよ」

と言われればそれまでなのですが、難しいところです。裏を返せば

「お金がかからない選挙」
「お金がかからない政治活動」

を実現できれば、その部分の議員報酬はまるまるカットできるということになります。

とまあ色々と書いてきましたが、つまるところ「もらいすぎ!」という世論が出るのは

・議員が報酬分の仕事をしていない(あるいはしているように見えない)
・実際にもらいすぎて豪遊している

のどちらかでしかありません。今のところの実感ですと、前者に拠る部分が大きいのではないかと思います。

額面を公開していくことは、

「これだけのものを税金からいただいているのだから、それに恥じない活動をしなければならない」

という自分への戒めでもあります。それとともに、「お金のかからない選挙(政治)」を諦めずに目指し、中長期的には余剰分を皆さまにお返ししていく道筋もつけなければなりません。

今はまだ選挙費用の返済をしている段階でありますが、生活費を除いた議員報酬は極力都民の皆さまのためになる使い方ができるよう、政務活動費とともに色々と順を追って公開していきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス