「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と知りつつもついつい気になってしまうのが「占い」。毎朝、情報番組で「今日の運勢」をチェックしてから出かける人も多いのではないでしょうか。

「来年は運命の人との出会いがあるでしょう」
「今は大殺界だから転職するのはNG」
「ラブ運を上げたいなら、ピンクの下着をつけて」

こんなふうに他人のラッキーやアンラッキーをズバリ言い当てられる占い師の先生たちなら、自分の未来を予測することなんて朝飯前のはず。占いの力で不幸を予知したり、幸せを呼び込んだりできる占い師こそ、いつもハッピーじゃなくちゃおかしいよね?

みんなが普段疑問に思っていることを調査・解決するコーナー「素朴なギモン」

というわけで、今回はこんなギモンを検証してきました!どどん!

出典Spotlight編集部

「占い師の先生は果たして自分自身が幸せなのか?」

調査してくれるのは、お笑いコンビ猿岩石として元相方の有吉弘行さんとヒッチハイクの旅で大ブレイク、解散後は人生の荒波に揉まれまくりな森脇和成さん。8月1日に42歳の誕生日をむかえました。おめでとうございます!

森脇さん:どうも。森脇です。すげえ、渋谷にこんな場所あったんですね(きょろきょろ)

早速やってきたのは、渋谷にある「占いの館」。メディアでも活躍する有名な占い師の先生たちが集うフロアは、何やらただならぬ雰囲気が漂っております。

「役者として芸能界でやっていきたいんです」

出典Spotlight編集部

猿岩石を解散後は芸能界を引退し、六本木でサパークラブを経営していた森脇さん。店を閉めてからは、派遣社員として働いたり、輸入貿易会社で営業職についたりと、11年もの間地道なサラリーマン生活をしていましたが、ついに昨年から芸能界に完全復帰を果たしました。しかも、お笑い芸人としてではなく「役者」として、新たな一歩を踏み出したばかりなんです!

森脇さん僕、これでも舞台作品で主演やらせてもらってるんですよ。これからは芸能界で「役者」としてやっていきたいので、今日はギモンを解決するついでに僕の仕事運も見てもらいたいっす。

1. 金母先生「私の周りの人はみんなハッピーなはず♪」

まずは「金」の「母」と書く金母(きんか)先生からお話を伺います。対面しただけで、どことなく元気になれるようなオーラが…。

森脇さん:先生、まずは今の幸せ度をパーセンテージで表してみてください!

金母先生
:うーん、そうねぇ…

出典Spotlight編集部

金母先生88%くらいかな。

森脇さん
:すごく幸せじゃないですか!

金母先生
はい、幸せです

森脇さん
:そもそも人間って、占いで幸せになれたり、不幸になったりするものなんですか?

金母先生
:幸せにはなれると思いますよ。少なくとも“良くないことが起きそうだ”ということはわかるから、私は自分で気を付けるのはもちろん、身内や親しい人にも「誰かが騙しに来るよ」「事故の危険があるよ」「病気に気を付けて」って教えてあげています。

森脇さん
:じゃあ、先生の周りの人はみんな幸せってことですか?

金母先生
:うん、「私と出会えてラッキーね♪」って思ってますよ、いつも(笑)。

恋愛だけはなかなか難しい

出典Spotlight編集部

森脇さん:ちなみに、足りない12%の理由はなんでしょうか。

金母先生
:実は今密かに狙っている好きな男性がいるんですけどまだ片思い中なのでマイナスにしました。彼と上手くいったら100%(笑)。

森脇さん
:すごい!やっぱり恋を実らせるために占いで答えを探すんですね。

金母先生
:もちろん。正しい時期に正しい方法でじわじわと攻めています。その甲斐あっていい感じに関係は進んできているんだけど、今は、どうやったら相手のほうから行動を起こしてくれるかを考えてるところ。

森脇さん
:わお!そこまで占いでコントロールできるんだ!

金母先生
:ふふふ。彼には絶対知られたくないけどね(笑)。

森脇さん
:でもまだ片思いなんですね…。占い師の先生は運気を良くする方法を知っているし、仕事運も金運も恋愛運も全部いいのかなって思ってたけど。

金母先生
恋愛だけはね、なかなか難しいんです。

金母先生が森脇さんを占うと…

出典Spotlight編集部

金母先生:実は役者というお仕事は…あまりオススメしません。やるなら、演出とかプロデュースまで手掛けたほうがいいですね。仕事運はこれから7年間くらいかけて少しずつ上がっていきますよ。でも女性には気を付けてね!足元をすくわれるかもしれないから。

森脇さん:え…女性…はい、気を付けます!役者に向いてないって正直ちょっとへこみますけど、演出とかプロデュースが向いているのはとてもうれしいです。えへへ。

2. サトノ光年先生 「占い師は多かれ少なかれ、みんな挫折を経てきた人間」

お次は、元漫画家という異色の経歴を持つサトノ光年先生です。先生の幸せ度数を教えてください!

出典Spotlight編集部

森脇さん:はい、またも出ました!高得点!

サトノ先生:私は漫画にしても占いにしても、自分が興味のあることはすべて仕事にできたなと思います。今70代ですけどね、すごく幸せですよ

森脇さん:いいですね。占いで不幸や危機を回避することって可能なんですか?

サトノ先生:いや、回避まではできないでしょう。でも、災難を受け止めて耐え忍ぶことはできると思います。「お、やっぱり来たな」という感じでね。人生には出るべき時と引くべき時があって、占いでその時期を見たり、一瞬のチャンスを逃さずに捕まえることはできると思います。

森脇さん:先生も80%ですし、占い師の方ってみなさん幸せ度数が高いんですかね?

サトノ先生:うーん。占い師は多かれ少なかれ、みんな必ず挫折の時代を経てきた人間だと思うよ。辛いことがあったからこそ、未来を知りたいと思って一生懸命占いを勉強するわけですから。そうやって不幸を乗り越えられた人だから、少なからず今の幸せを感じられるのだと思います。

森脇さん:なるほど!

「誰かいい女性、いませんか?(笑)」

出典Spotlight編集部

森脇さん:幸せ度数が100%じゃない理由はなんですか?

サトノ先生
:それはやっぱり仕事のために私生活を犠牲にしてきた部分があるからね。私には女房・子供がいないんです。

森脇さん
:え!そこは占いでなんとかならなかったんですか?

サトノ先生
:いや、私に女性関係でいいことがあるとすればこれからですから。自分の運勢の流れをみると、歳をとってからのほうがいいんですよ。財産ができてもあげる人がいないと気づいてあわててお見合いしたりしてね…(笑)。

森脇さん
:…!じゃあ先生はまだ運命の女性に出会っていないんですか?

サトノ先生
:いや、だから今年来年に期待してください。誰かいい人いませんか?(笑)

サトノ光年先生が森脇さんを占うと…

出典Spotlight編集部

サトノ先生43歳から仕事運は良くなりますよ。ただ、あなたは仕事と恋愛が両立できないタイプだから気を付けましょう。組織に所属したほうがきっちり仕事をこなせるサラリーマン的な面があるので、フリーでいるより事務所に入って正解。意外と神経が細い森脇さんに合う女性のタイプは、精神安定剤になるお母さんみたいな人。44歳くらいからモテ期がやってきますよ。

森脇さん:そうなんですよ、先生僕のことよくわかってる!(笑)一緒にいてラクな女性が好きなんですよ。これからまだモテ期が来るなんてうれしいなぁ。ついでに仕事にもモテまくるといいなぁ。

3. シャクティー・レイ先生 「占いは人生の天気予報みたいなもの」

お次は、大企業のお得意様も多いというシャクティー・レイ先生「100%にするか迷いました」とおっしゃる先生の幸せ度数は…

出典Spotlight編集部

森脇さん:驚きの99%

シャクティー先生
:はい。うふふ。

森脇さん
:この数字は、占いの力で幸せ度が高まった結果ですか?占いで不幸を遠ざけたからかな。すごいです!残りの1%の理由はなんですか?

シャクティー先生
:幸せの“のびしろ”でしょうか(笑)

出典Spotlight編集部

森脇さん:先生は、占いを使って自分を幸せにしているなという実感はありますか?占いがなかったら、今の幸せ度数ってもっと低いのかな。

シャクティー先生
:そうですね。私が占いを勉強し始めたそもそものきっかけは、自分の人生が理不尽についていない気がしたからなんです。家庭環境や親を選んで生まれてくることはできませんし、私は若い時に夫を亡くしてもいます。辛いこともたくさんあったけど、占いを勉強するようになってから、色々な角度で物事を見られるようになったと思います。

「占いは決して“魔法”ではありませんよ」

出典Spotlight編集部

森脇さん:先生はご自身のこともしょっちゅう占うんですか?

シャクティー先生
:最近はあまり占わなくなったかな。自分のことが大体わかってくると、占いという杖というか支えというか、そういうものはあまり必要なくなるみたいです。

森脇さん
占いって、精神的な支えでもあり、安心するためのツールでもあるのか…。

シャクティー先生
:そうね、例えるなら人生の天気予報みたいなものかな。明日が雨なのかお天気なのか、ある程度どんなことが起こりそうかを予想できると、それだけで心の準備もできるしラクでしょ?

森脇さん
:なるほど!わかりやすいたとえ。

シャクティー先生
:でもね、占いは決して魔法ではありませんよ。人は時に不幸を受け持たなければ人生にならない時があるんです。占いで不幸をまったくなしにすることはできませんが、大難を小難に、小難を無難にと、不幸を切り下げて小さくすることはできます。

森脇さん
:そっか…占い師だからといって、すべてのことに成功できるわけではないんですね。

シャクティー先生
:そう。むしろ「成功できない」からこそ、占い師をしているんだと思います。事業で成功するタイプなら、サイバーエージェントの社長さんのようになっているもの(笑)。

シャクティー・レイ先生が森脇さんを占うと…

出典Spotlight編集部

シャクティー先生:今の時期は仕事運があまり良くないですね。今年来年は焦る気持ちと裏腹に、思うような結果が出ないかもしれません。でも、43歳以降は金運も良いほうに動くような大きな仕事が舞い込む可能性がありますよ。

森脇さん:わ!やっぱり43歳って言われた!あと1年我慢すればいけそうだよ、僕の人生。

4. 那射先生 「いいなと思った時点で相性は必ず占います」

出典Spotlight編集部

最後に登場していただくのは、那射(ないる)先生です。気になる幸せ度数は…

那射先生本当は100%以上だと感じているんですけどね。

森脇さん
:100%以上!最高得点ですね、これは。先生はいつごろ良いことが起きるのか、占いでわかるんですか?

那射先生
:はい、大体わかりますよ。でも恋愛に関しては、どうなるかが分かっていてもノリと勢いとタイミングで行動してしまうことも多いですね、私の場合は。バツイチで子供もいたりするんですけど、特に若い頃はダメだと結果が出ていても「えいや!」って突っ走っちゃうことのほうが多かったです。

森脇さん
:へえ!占い師なのに占い結果をあえて無視することもあるんだ(笑)。ちなみに、男性と出会った時には、好きになるほうが早いですか?好きになっていい人なのか占うのが先ですか?

出典Spotlight編集部

那射先生:いいなと思った時点で相性は必ず占います。でも相性がいいからといって、異性として惹かれるかといえば、そういうわけでもないですし。そもそも私はあまり人を好きにならないタイプなんです。というより、20歳くらいの時に知り合ったひとりの男性に実はまだ片思いをしていて…彼以上の方がまだ現れないというのが本音です。

森脇さん
:それこそ、占いで行動を起こしてみたりはしないんですか?

那射先生
:もちろんいろいろやってみてはいますよ。相手も独身ですし、あわよくばってしょっちゅうドキドキしてる(笑)。好きな人を思うドキドキがあるから、片思いの今が逆に幸せなのかもしれないなと思います。

森脇さん
:それが残りの1%なんですね。

那射先生
:はい。両思いだけが完璧な幸せというわけではないですから。

森脇さん
:奥が深すぎます!

那射先生が森脇さんを占うと…

出典Spotlight編集部

那射先生:役者だけではなくて、演出や脚本まで手掛けることができれば、こちらの方面でお金が稼げますよ!このタイプの人は、映画監督などに向いている人が多いです。器用貧乏の節があるのでそこは気を付けたほうがいいかもしれませんね。

森脇さん:わー!また演出や脚本に向いているって言われた!そんなに言われたら、僕本気になっちゃいますけどいいんですか?(笑)

ちなみに、森脇さんの幸せ度数は…

最後に森脇さんの幸せ度数を聞いてみました!

出典Spotlight編集部

森脇さん:まだまだ幸せののびしろを多く取っておきたいんですよ!安心・安定の人生を目指しているので、まだちょっと理想には距離があるかなと思って60%

僕は基本ネガティブだし、心のどこかで「どうせ」って思っている節がある。自分の人生に納得できてないから、幸せだと感じられないのかもしれないなって、先生方のお話を聞いていて思いました。

そして、今回の調査結果はこちら!

出典Spotlight編集部

「結論:占い師の先生はポジティブで幸せだった!!」

森脇さん:先生たちは、幸福度そのものというより、「幸せを感じ取る力」が高いんだよね。みなさんとってもポジティブだったから、僕、なんか元気もらっちゃいました!

…先生たちが全員一人身だったのが気になったけど(笑)。

「よっしゃー!役者だけじゃなくて脚本書くぞー!」

「演出もプロデュースもするぞー!」

出典Spotlight編集部

占い師の先生たちに元気をもらって、颯爽と占いの館を後にした森脇さん。そんな森脇さんがこれからも「素朴なギモン」をどんどん検証していきます。次回もお楽しみに!

<取材/Spotlight編集部・まつざきみわこ、文/まつざきみわこ>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス