記事提供:いいモノ調査隊

暑さの厳しい夏が到来しましたね。クーラーで冷えた涼しい部屋でゆっくり過ごすのもいいですが、夏にはこの時期しかできない楽しいこともいっぱいあります。たとえば、BBQ!

たくさんの仲間と一緒にお肉や野菜を焼いて、調理したお料理を囲んでワイワイ過ごす時間は格別なもの。

そこでは、火のおこし方が上手だったり、準備の手際がよかったり、料理の腕がプロ並みだったりすると、仲間たちの注目の的になることもしばしば。

…で、今回(筆者が)注目の的になりたいがために調達したものがあります。

出典 http://kakaku.com

これです!

これ、なんだと思います?

岩石のようでもありますし、お皿にも見えなくも…ない?実は、これヒマラヤ岩塩のプレートなのです。岩塩っていうと、まさに塩の塊。

その天然の塩の塊をプレート状に削り出したのがこの商品。アウトドアブランドのLOGOS(ロゴス)から販売されている「岩塩プレート」です。

「LOGOS」のネーム入りパッケージ。

このプレートを焼網に乗せて、その上でお肉や野菜を焼くことでおいしく焼きあがるというもの。確かにお肉を焼く時には塩・コショウなどをふりかけますね。

それが、このプレートだと焼いている間に岩塩から良質のミネラルが溶け出し、塩味になっていくんだとか。これはテンション上がります!

実際に火をおこし、プレートを熱してみました。

急加熱ははぜる可能性があるため厳禁。ゆっくりと弱火で加熱します。直置きでプレートの温まり具合を確認してみたところ、そんなに時間がたたないうちにしっかり温まっていました。

手では触れない程度に温まったので、さっそくLOGOS推奨の牛タンを焼いてみることに!

ジューって音が!興奮しちゃう!

焼き色もしっかりつきます!

焼いて食べてみたところ、しっかり“タン塩”になっていました。なんでも、岩塩が遠赤外線の効果を生み出し、食材のうま味を十分に引き出すのだとか。

確かに直接火で焼くよりも、お肉に甘味があり、ふっくらジューシーに焼けていました。ハフハフいいながらペロッと完食。直火で焼くよりも焦げ付きの心配がないのもうれしい利点。

牛タンのほかには、牛モモ、豚肉、しいたけなどが相性のいい食材だそうです。本当はデッカいステーキを焼いてみたかったのですが、今回買い出しに行ったスーパーに在庫がなく、泣く泣く断念…。

今回はステーキを焼くために3つ購入し並べましたが、1、2人でじわじわ楽しむなら1枚でも大丈夫。

大人数になるとやはり3枚程度は必要になると思います。BBQを楽しんだ後は、たわしなどで表面をこすって乾かしておけば、何度でも繰り返し使用可能。使い捨てじゃないのも、さすがはLOGOS。

ただし、ぬれたままの加熱は厳禁なので、お気をつけください。

1枚の大きさは幅13cm×奥行7cm×高さ1cmです。

割れてしまったら、並べて置いて引き続きBBQに使うことも可能ですが、小さなカケラにしてお風呂に入れると、お肌スベスベ効果もあるとのこと。十分楽しんだら筆者もそうしてみようと思います。

今回BBQで初めて使用しましたが、やはり注目の的に!ただ持ってきただけなのに、鼻高々に振る舞ってしまいました(笑)。

みなさんも、BBQで“デキるやつ”をアピールするなら、ミネラルたっぷりの岩塩プレートは効果バツグンです!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス