夏休み到来!だけど、海外旅行はなかなか行けないですよね…。そんなあなたにオススメしたいのが、パスポートいらずの「海外風スポット」です。「風」とついていますが、足を踏み入れれば…その本格的な作りに驚いてしまいます。

日本国内とは思えない!海外風スポットを5つご紹介!

高知:ヴィラ・サントリーニ

出典 http://www.villa-santorini.com

高知県にあるのはギリシャの観光地サントリーニ島とそっくりな建物が話題の「ヴィラ・サントリーニ」です。

サントリーニ島といえば白と青のコントラストが美しい建物と青い海が見渡せる美しい島ですが、遠いギリシャに行かなくても、その雰囲気を味わうことができます。

高知県にあるこのホテルは、クオリティの高さと日本離れした雰囲気で、今観光客に人気のスポットとなっています。

宿泊しなくても、ディナーやランチだけの利用もできるんだとか。

出典 https://retrip.jp

見所はヴィラ・サントリーニの建物がライトアップや朝日によって照らされる風景。その景色は感動ものです。また高知の新鮮な食材で作られた料理も話題となっています。

■リゾートホテル ヴィラサントリーニ
781-1165 高知県土佐市宇佐町竜599番地6
tel:088-856-0007 / fax:088-856-2822
E-mail:santorini@mountain.ocn.ne.jp

※お電話でのご予約、お問い合わせ受付時間 9:00~21:00

出典 http://www.villa-santorini.com

愛媛:別子銅山の遺構

出典 https://www.instagram.com

愛媛県の別子銅山で採鉱業が行われていた時に作られた建物が残る土地です。朽ちているその雰囲気が神秘的で、「東洋のマチュピチュ」として人気を博しています。

霧が立ち込めることもあり、まさにその光景は天空都市でペルーのマチュピチュを感じられるものです。

別子銅山最盛期に採鉱本部が置かれたこの地は、昭和30年から40年代、閉山前でも400世帯以上の人々が暮らしていたそうです。

昭和43年に閉山し無人の地になった後の「産業遺産」が「東洋のマチュピチュ」と呼ばれ今でも残っていました。

出典 http://blog.warabi.jp

別子銅山記念館の屋外には、当時ドイツから輸入して鉱石運搬の車両として使用された蒸気機関車も展示されています。

間近で見られるその存在感に圧倒されるはずです。

■別子銅山記念館
住所 愛媛県新居浜市角野新田町3−13 〒792−0846
開館時間 9時~16時
休館日 月曜日、祝日(日曜日と重なる場合は開館)、年末年始
料金 無料
電話 0897−41−2200

出典 http://www.sumitomo.gr.jp

京都:ドゥリムトン村

出典 https://www.instagram.com

京都・亀岡の奥地に突然現れた2ヘクタールの広大な敷地にイギリス村があります。そう、その正体こそ「ドゥリムトン村」です。

特別自然美観地域に指定されているとても美しい街「コッツウォルズ」をイメージしているんだとか。

出典 https://retrip.jp

京都に作られたのはまるでイギリスにトリップしたかのような雰囲気を味わえいる「ドゥリムトン村」です。村内の飲食店はスコーンやパイ・紅茶などイギリスらしいご飯が楽しめ、愛犬OKなテラス席を設けているレストランもあります。

また見てるだけでテンションが上がるアンティーク雑貨屋さんも見所です。

■ ドゥリムトン村
・住所:京都府亀岡市西別院町柚原水汲12
・アクセス: JR亀岡駅より京阪京都交通バスに乗り『京都学園大学前』で乗り換え→『奥野』(ドゥリムトン前)で下車すぐ
・営業時間:【月~木】11:00~19:00【金・土・日・祝】10:30~20:00
・定休日:不定休・電話番号:(0771) 27-3004

出典 http://find-travel.jp

東京:イタリア街

出典 https://www.instagram.com

首都東京にいながらイタリア気分を味わえるのが汐留にある「イタリア街」です。5つに区分けされた街には35棟にも及ぶイタリアの雰囲気たっぷりな建物が連なります。

1区から5区までに区分けされた汐留シオサイトは、JR新橋駅から都営汐留駅、JR浜松町駅にかけて広がる巨大複合都市です。

それぞれ特色のある区となっていますが、5区に関しては住居とや事務所、商業施設がメインとなっていて、街並みをイタリアをテーマとした一角となっています。

出典 http://find-travel.jp

街の中の店舗はイタリアにこだわっており、イタリア風のラーメン店やイタリアンバル、イタリアで修行を積んだ職人が作る雑貨が購入できるショップなどもあるんです。

さらに街の中央に位置する汐留西公園はドラマの撮影スポットにもなるくらい人気なんです。

■汐留シオサイト5区イタリア街
・住所:東京都港区東新橋2丁目付近
・アクセス:各線新橋駅
・汐留駅徒歩すぐ
・営業時間:各店舗による・定休日:各店舗による

出典 http://find-travel.jp

三重:志摩地中海村

出典 http://www.puebloamigo.jp

三重県にあるオススメスポットは「志摩地中海村」。まるで地中海を訪れたような感覚に陥る街並みが人気となっています。

街中はスペインの迷路のような作りになっており、街歩きだけでも気分が上がりますよ♪

三重県の伊勢志摩半島の豊かな自然の中に突然現れる地中海の街並み。 ゲートをくぐれば、英虞湾の独特な景観と相まって、一瞬で地中海へ来たような驚きと感動を味わえます。

約10,000坪の広い敷地内にヴィラスタイルの客室やレストラン、カフェ、ショップをはじめ、クルージングやフィッシング、クラフト工房等があり、異国情緒漂う雰囲気を満喫していただけます。

出典 http://www.puebloamigo.jp

街中のレストランやカフェなど飲食店も特徴的です。伊勢湾の新鮮な魚介類を使った美味しい地中海料理を満喫することができます。

■志摩地中海村
〒517-0403 三重県志摩市浜島町迫子2619番地1
Tel:0570-085-399 Fax:0599-52-1228

出典 http://www.puebloamigo.jp

今回は国内にいながら異国気分を味わえる、海外風スポットをご紹介しました。その地域に足を踏み入れればそこはもう異国情緒。仕事を忘れリゾート気分を満喫できます。場所は全てパスポートいらずです。

ぜひ今度の休暇に訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

matsui yui このユーザーの他の記事を見る

IT企業で働きながらライターをしています。
趣味は写真、ヨガ、読書。
Spotlightでは日本のカルチャーや流行など広く記事にしていきたいです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス