記事提供:TABIPPO.NET

旅に衝撃的なハプニングはつきものですが、国境を旅するなら尚更。

西アフリカを愛する私が実際に、“秘境エリア”をたっぷりと歩き回り経験した、「衝撃度380%」の国境をご紹介します!

【警告】実際に、西アフリカ旅行を敢行する場合には、ご自身の判断で行なって下さい。西アフリカでは国境が犯罪の通り道となることも少なくありません。

1. モーリタニア~西サハラ間/灼熱の砂漠の上で4時間待機

◆現場:モーリタニア~西サハラ国境

身の危険度:★★★★☆
突破難易度:★★★☆☆
必要言語力:★★☆☆☆
必要精神力:★★★★☆
必要な素質:忍耐、体温調節能力、暇つぶし力

「西サハラ」という場所をご存知ですか?西サハラは、様々な国や人々の思惑がぶつかる地域です。

モーリタニア、モロッコが領有権を主張する歴史を持ち…さらには、サハラ・アラブ民主共和国という名の「事実上独立した地域」まで、この中に存在しているのです。

この国境を越える時に求められるのが、驚異的な忍耐力。実質モロッコにより管理された国境で入国審査を行なうのですが、その手続きを待つことで、サハラ砂漠での3~4時間待ちになることも。

私は、乗り合いタクシーでこの場所を越えたのですが、同乗したセネガル人が“謎の木彫り人形”を持ち込もうとしたことで一悶着あり、一緒に4時間待つ羽目になりました…

もちろん屋外です!夜になると、今度は、急激に冷え込みます。もう、自然相手では、どうしようもないですね。

2. セネガル~モーリタニア間/屈強両替ギャングと高額カヌー!

◆現場:セネガル~モーリタニア国境

身の危険度:★★★★☆
突破難易度:★★★★★
必要言語力:★★★☆☆
必要精神力:★★★★☆
必要な素質:大声、交渉力

セネガルからモーリタニアへの国境「ロッソ」の評判の悪さは折り紙付きです。

まずは両替所です。モーリタニア側に移動した時に現地のお金ウギアが必要になるので、両替を行なうのですが、その場所がいかにも、ギャングのたまり場なのです。

薄暗いほったて小屋の中で、お札を受け取る時に、6~7人程のがっしりとした男たちに囲まれました。

数えるのを助けるフリをし、ちょっとずつ紙幣を抜き取っていきます。(やり方がせこい…?)あまりにもうるさく話しかけてくるので、大声を出して怒りました。

国境手間には巨大な川があります。カヌーのようなものに乗らなければならないのですが、船頭のおじさんが、通常の10倍の料金を要求してきます。(他の現地の人に値段を確認したことで判明!)

しっかりと、交渉しなければなりませんね。

3. コートジボワール~リベリア間/ジャングルの中をトラックの荷台で駆け抜けた挙句パスポートを盗られる

◆現場:コートジボワール~リベリア国境

身の危険度:★★★☆☆
突破難易度:★★★☆☆
必要言語力:★★★★☆
必要精神力:★★★★☆
必要な素質:反射神経、会話力、演技力

国境へはトラックの荷台で向かいます。上の写真にあるように立ち乗り状態です。

なんと、これで森の中を進むので、木の枝が次から次へと頭めがけて、襲いかかってきます!ボクササイズのようなものです。

「座ればいいのに」と思いますか?座ったら、あまりの揺れに、おしりがあざだらけになってしまいますよ!

そしてコートジボワールからリベリアの国境を越える時、道の脇に座る男が私を呼び止めました…。パスポートを取り上げ、「返して欲しければお金を払え!」と言われたのです。

テーブルの上に置かれた自分のパスポート目がけて手を伸ばすのですが、あと数ミリ足りず。最終手段として、オフィスの中に押し入り、中に居た偉そうな役人のおじさんに事情を説明しました。

可哀想な日本人を演じたことで(その人が日本車好きであることも作用)、その人が例の男を叱りつけ、無事愛するパスポートが帰ってきました!

アフリカの日本車熱はすごいですね。

4. リベリア~シエラレオネ間/狂気のロデオバイクで地面に投げ出される

◆現場:リベリア~シエラレオネ国境

身の危険度:★★★★★
突破難易度:★★★☆☆
必要言語力:★★☆☆☆
必要精神力:★★★★☆
必要な素質:指の筋力、体幹、腰全体の頑丈さ、スピードへの耐性

シエラレオネに入国後、非常に衝撃的な事実を告げられます!

それが、「交通手段の欠如」!普通、西アフリカでは、国境を越えるとすぐに、乗り合いバスや、乗り合いタクシーが待ち構えているものです。

しかし、ここにはいません。そこで私がなんとか見つけたのが、一台のバイクタクシー。

つまり、バイクで二人乗りをする形で移動するということです。驚異的な悪路を、尋常ではないスピードで駆け抜けるので、お尻浮き放題!

しっかりとバイクに捕まっていないと、“本当に”地面に投げ出され(比喩ではなく)ます。しかも、最も近い町に移動するだけでも数時間がかかるのです。

想像できますか?少し軽めのロデオを数時間ずっと行なうようなものです。(通算、3時間10分)私はこれで、手の指の皮がむけてしまいました。

「スピードを落としてくれ」と言っても全くの無視です…。

5. ギニア~ギニアビサウ間/森の中で放置プレイ

◆現場:ギニア~ギニアビサウ国境

必要精神力:★★★★★
必要言語力:★★★☆☆
突破難易度:★★★☆☆
身の危険度:★★★☆☆
必要な素質:ジャンプ力、水を恐れない心、寝相の良さ
便利なアイテム:半ズボン、旅行用まくら

この国境では、乗り合いタクシーで川を渡ります。タクシーが先に進んで行き、鉄製の渡し船に乗るので、置いていかれないように急いで乗って下さい!(写真を撮っている場合ではありません…!)

国境に到着すると、突然こう告げられます。「今日はもう、入国審査のオフィスが閉まっているので、そこらへんで寝なさい」

…衝撃ですね!辺りには何も無い、ただの国境です。森、土、ゲート(駐車場の入り口にある棒のようなもの…)があるだけです。

ただ、そこで一本の木を倒す様にしてつくられた、小さなベンチを見つけました。人は、追い込まれれば、何でもできるものですね。

横になってみると、全く寝返りのうちようがない状況でした(木の大きさ:ちょうどアイロン台)が、思いの外、ぐっすりと就寝した自分がいました…。

6. ブルキナファソ~コートジボワール間/世にも「窮屈でカタい」電車旅!

◆現場:ブルキナファソ~コートジボワール国境

身の危険度:★★★☆☆
突破難易度:★★☆☆☆
必要言語力:★★☆☆☆
必要精神力:★★★★☆
必要な素質:環境適応能力、汚れることへの耐性、空間認知能力

ブルキナファソからコートジボワールへは、国境を跨ぐようにして電車が走っています。

いかにもプラスチック製という「カタすぎる」座席が窮屈に並べられている車内。時間が経つ毎に、乗客が食べるご飯やらバナナの皮やらが床に散乱していきます。足を伸ばすスペースなど当然ありません!

夜も、そのまま走り続けるのかと思いきや、突然停車します。ゾロゾロと降車する人々に続くと、驚きの光景が。

皆がプラットフォームで横になり始めるのです!(上の写真は、昼の休憩時に撮影:昼に寝る人も続出!)

コンクリートで頭が痛む上、あらゆる場所に人が寝ているので、正しいスペースを確保する能力も必要となります。

とはいえ…寝られないことはありません!平然と寝込む人々。空には美しい星空。まだまだ自分には、たくましさが足りませんね。ちなみに、強者は、草むらの中の方で寝ていました。

国境を“二度見”してしまう旅人たちへ

どうでしょうか?国境は人を惹き付けますね!(もしくは、国境を避けようという思いでしょうか…?)

西アフリカには、いわゆる「観光地」は多くありません。だからこそ、とんでもなく飛び抜けた衝撃に出会えるのです。最後にもう一度言いますが、西アフリカの旅行は、決して、安易な気持ちで行なわないで下さい!

私自身は、旅、ビジネスと西アフリカに縁がありますので、大好きですが…!

出典:Deadly borders of West Africa(http://www.modernghana.com/news/415420/1/deadly-borders-of-west-africa.html)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス