この街はサンドボックスゲーム『マインクラフト』で作成したものです。モデルとなったのは海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』の王都キングズランディングです。

今、密かに熱い「サンドボックス系ゲーム」!!

PS4や3DS、さらにスマホとさまざまなゲームがプレイできる現代。そのジャンルもRPGやアクションからパズルやクイズなど、いろんなものがあります。

その中で、「一般人にはあまり知られてないけど、ムチャクチャ流行しているゲーム」があるのをご存知でしょうか? それが「サンドボックス系ゲーム」です。

サンドボックス系ゲームとは、コンピュータがランダムに作り出した仮想世界を舞台に、そこにある石や木を使って自分の好きな建築物を作っていくというクリテイティブなゲームです。
ものすごく簡単に言ってしまえば「メチャクチャ世界が広いレゴブロック」みたいなものです。

ゲーム内部には食料や敵の概念があり、キャラクターを動かして敵を倒しながら材木を運び、石を積み上げていきます。一応、「ドラゴンを倒せ」みたいな最終目的はありますが、そんなのを無視してプレイしても問題はありません。広大な世界で自分だけのモニュメントを飽きるまで作り続けるという自由さが人気のゲームです。

では、このジャンルのゲームを紹介しつつ、その魅力に迫ってみましょう。

世界的な人気作「マインクラフト」

通称『マイクラ』と呼ばれるこのゲームは、サンドボックス界最大のヒット作です。
スウェーデンの会社Mojangが2009年に開発したこのゲームは全世界で合計1億本以上も売り上げた大ヒットゲームです。
海外ゲームですが、日本でも多くの機種で発売されており、パソコン以外でもPS4、Xbox360などあらゆる機種に移植され、現在はスマホでもプレイできます。そのため、大人から子供まで多くのユーザーが自分たちの建築物をコツコツ作っています。

そんな人気ソフトですから、動画で自分の建築物を自慢するユーザーもいっぱいです。代表的なものがこちら!

マーライオン作ったら…( ;∀;)

出典 YouTube

「SMAP×SMAP」にも出演経験のある有名youtuberヒカキン氏も『マイクラ』ユーザーの1人です。ヒカキン氏のトークを楽しみながら、彼の建築と冒険の日々を観察できます。
なかでもマーライオンは彼の建築スキルが発揮された傑作で、「お、おう……」ということ間違いナシの珍妙建築物です。

「FRESH!」でのマイクラ実況といえば、ブラック企業勤務の社畜るさんです。
彼女もコツコツと家や道具を作りながら、モンスターと戦ってさまざまな目標をクリアしようと奮闘中です。会社でもコツコツ、ゲームでもコツコツと、コツコツ人生過ぎます。

彼女の目標はマルチプレイでほかのプレイヤーと一緒に社畜の街を作ること。ゲームの中だけでも自由な街づくりができることを祈ってしまいます。

こちらは建築レベルの非常に高いmihuneさんの実況です。PC版のMOD(拡張キット)を使って、かなりキレイな建築物を造り上げています。廃墟や鉄道など、眺めるだけで楽しい趣きのある建築物を見せてくれます。環境映像としてのんびり眺めていたい実況です。

このほかにもお城やピラミッドなど、ユーザーの創造力によってさまざまな建築物が楽しめます。無料配信しているソフトもあり(すべての機能を使うには購入が必要です)、敷居は非常に低いです。
拡張機能が多く、対応する拡張パックを購入すれば「動物を捕まえて巨大動物園を作る」ことや「超巨大な宇宙船を建造する」ことも可能です。

戦闘が苦手な人向けに敵の出ないクリエイティブモードもあるので、あなたが気の済むまで、好きなだけコツコツ建築できるスルメ的魅力を持ったゲームといえるでしょう。

かわいいキャラが魅力の『ドラクエビルダーズ』

国民的RPG『ドラゴンクエスト』を原作にしたサンドボックスゲームが『ドラゴンクエストビルダーズ』です。
こちらも基本的に『マイクラ』と変わりませんが、ストーリー要素がやや強く、アクションが苦手な人だと苦戦してしまうこともあります。
ですが、ある程度素材が揃えばストーリーを進めずに延々と建築することができるので、自由度は非常に高いです。なじみのある『ドラクエ』のキャラなので、日本人には親しみやすいかもしれません。

ゲーム初心者としてさまざまなゲームをプレイするみいさんが『ドラクエビルダーズ』を実況中です。『ドラクエ』のかわいいキャラクターを操作しながら建築する姿はやっぱり見ていて楽しいですね。
筆者は『マイクラ』『ドラクエビルダーズ』のどちらも経験者ですが、「あー、またやろうかな」とそっとソフトを取り出してみました。

ドラクエビルダーズ 金閣寺建築

出典 YouTube

『ドラクエビルダーズ』も『マイクラ』に負けない自由度があることがわかる動画がこちらです。ゲームの世界観とは全然違う京都の名所が建設されています。

このほかにも戦闘要素が強い『Terraria』やリアルなキャラが戦闘や建設を行う『Reign of Kings』など、類似ゲームも多いです。

創造力と根気さえあれば永遠に遊ぶことのできるサンドボックス系ゲーム。誰かがコツコツ作っているのも見ていて楽しいですが、やっぱりプレイすると面白さが違います。興味を持ったら、まず動画をチェックしてみてはどうでしょうか?

【筆者からのアドバイス】
『マインクラフト』をプレイする場合、画面の揺れは切っておいたほうが正解です。じゃないと、酔います。

この記事を書いたユーザー

GAMY編集部 このユーザーの他の記事を見る

ゲーム攻略サイト・GAMY(ゲーミー)です。ゲーム実況動画に関するトピックスをメインにお伝えしてゆきます。https://gamy.jp/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス