日々ネット上で検索されるさまざまな言葉。中でもいきなり検索数が増えた「急上昇ワード」はまさに今、世の中で大きな注目を集めています。

そこで本コーナーでは、「なんでコレが検索されてるの?」と皆さんが疑問に思う検索ワードの「急上昇なワケ」についてご紹介します!調べてみると意外な事実が見つかることも…!?

大橋巨泉氏が死去

2016年7月12日、大橋巨泉さんが82歳で永眠されたと発表がありました。「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」『世界まるごとHOWマッチ』『11PM』『クイズダービー』の名司会など、1960年代〜80年代のTV番組は巨泉さんなくしては語れません。当時は『野球は巨人、司会は巨泉』という言葉もあったほど!

1990年には人気絶頂だった56歳の時に、突如、芸能界をセミ・リタイア宣言。その後、2005年に胃がんが見つかり、2013年には中咽頭がん、2014年にリンパ節への転移、2015年には右肺にがん、2016年に左鼻腔内にがんが見つかるなど、11年にも及ぶ闘病生活を過ごしてきました。

セミ・リタイアしてからは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで永住権を取得し、日本を含め4カ国の自宅を”ひまわり生活”(太陽を求めて温暖な気候の土地を渡り歩く)していた巨泉さん。そんな巨泉さんの残した言葉は大胆ながらもハッとするものが多いのでご紹介します。

1.人に助言を与えることにも用心深くしよう。 賢い人はそれを必要としないし、 愚かな人は心に留めないだろうから。

2.集団の真ん中にいたら、絶対にダメだ。どうせなら、ビリを走れ。時代の風が逆から吹いたら、自分がトップに立てる。

3.僕の持論は「人間、運の総量は同じ」だからそれをどこで使うかなんだ

4.どんなに才能があっても、 毎日出ていて、 同じようなことをやっていれば飽きられるのは当然だ。

5.仕事がうまくいかなくなると充電と称して、 アメリカへ行ったりするタレントがいるだろ? 馬鹿なんだよね。 だってよく考えてごらん。 電気カミソリの電気がきれてから充電しても間に合わないんだよね。

6.日本人ほど「ありがとう」という言葉を、 口にしない民族はそうそういませんね。

7.戦争は爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ

8.星で食うならバカでも食える

9.パートナーは妻でなくてもいい、こいつの顔は見たくもないという女房だったら、すぐ離婚しなさい

10.ボクの場合は、いつも1個か2個、しかも手術可能なところに転移してきた。こういう人はタマにいて、結構生きるんだそうだ。

だからこの状況が続くかぎり、出てくる癌を『モグラ叩き』のようにやっつける事にしている

11.You can't have everything(何もかも思い通りにはならない)

12.人間の欲は無限であるから、あれもこれもと思うのはわかる。でも結果はアブハチ取らずになるのが関の山だ。そんな時、こう考えることにしている。「今回の人生ではやめておこう」

※アブハチ取らず…アブもハチもと両方を捕まえようとして両方取り逃してしまう事から、結局は何も得られないという様子を表現したことわざ

数々の著書の中で、人生は優先順位が必要と繰り返し書き続けていた巨泉さん。そんな巨泉さんの優先順位は、健康、パートナー、趣味、財政計画。

「人間というのは、生まれる時も死ぬ時もたった一人だ。だから、せめて生きている間だけでも、心を許しあえるパートナーと仲良く生きたいとボクは思う。一度きりの人生、その選択として、『いいパートナーと過ごす人生こそ価値あるものだ』という考えは永遠に変わらない。まず1に健康、2にパートナーである。パートナーは、男でも女でもかまわない。同性でもかまわない。結婚していても、していなくてもいい」

出典 http://www.amazon.co.jp

人生の前半生は、自分の思い通りにならない事も多く、それを必死にこなす日々が続いたりします。そんな前半生の事を巨泉さんは「大切な後半生を生きる為に、前半生があると言っても過言ではない」と語っています。

そんな巨泉さんのパートナーである奥様の寿々子さんとは、結婚以来47年の間「何処に行くのも、何をするのも一緒」だったといいます。亡くなる前は言葉も話せなくなっていた巨泉さんですが、奥様に手で3と9を見せて「サンキュー」と伝えていたそうです。

コメントで「どうぞ大橋巨泉の闘病生活に“アッパレ!”をあげて下さい」と綴っていた寿々子さんが、このコメントの最後に選んだのは、大切な孫たちからの巨泉さんへの言葉でした。

「ジージ、これからはただで何処へでも飛んで行けるね!ニュージーランドでもカナダでも、でもバーバの側にもいないとだめだよ!」

出典 http://www.huffingtonpost.jp

大橋巨泉さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス