二極化がすごいなぁ、と思います。

え?やってみればいいのに…

「会社を辞めようと思っています」という相談が、たまに舞い込みます。

なんかもう、「四の五の言わず、さっさとやめればいいのに…」としか、最近は思えなくなりました。

なので、そう伝えるようにしています。「ま、やめたいなら、やめてみればいいんじゃね?」という具合です。

そう書くとおっさんたちから「人生に失敗したらどうするんだ!責任は取れるのか!」とか騒ぎ出すんですが、責任なんて取れるわけないでしょう。他人なんだから。そんなの、ぼくに相談する方が悪い。

「悩める若者」や「責任追及おじさん」たちが前提として、そもそも間違っているのは、「なんにせよ、やってみないとわからない」ということです。

会社だって、やめてみないとどうなるかわかりませんよ。

うまくいくかもしれないし、失敗するかもしれない。

「だからこそ」、やってみるんです。

わかりますか?この考え方。

「成功するからやってみる」のではありません。

「成功するかどうかわからないから、それを確かめるためにやってみる」のが、より正しいスタンスです。

だって、成功するかどうかは、やってみないとわからないんですから。

「成功するからやってみる」なんて状況は、厳密にいえばありえないのです。

ぼくは「うまくいくかわからないから、それを確かめるために、いろいろなことをやってみる」という態度で生きています。

悩める若者たちは「うまくいくかわからないことはやりたくないから、確実に成功することだけやりたい」と考えます。

でも、「確実に成功すること」なんて、この世にはないのです。世界はますます先が読みにくくなってますしね。

ゆえに、彼らは行動が取れずに、「会社を辞めようと思っているのですが…」という軟弱な悩みにとらわれます。

やめりゃあいいんですよ、死ぬわけでもなし。ほんとうに困ったら、相談くらい乗りますよ。

会社を辞めたければ、辞めてみればいいんです。だって、辞めたいんでしょ?

お腹が空いたらご飯を食べる。そのくらいの軽さで「やりたいことをやってみる」ようになると、人生は勝手に転がりだしていきますよ。

ここら辺も合わせてどうぞ。1万字ほどのミニ書籍、スマホやKindleで読めます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス