おっす、オラ37歳年収220万円売れないロートルフリーライター!オラが住んでるのは東京・下北沢の隣の池ノ上。ボロくて風呂のないアパートに3万円で住み、時々下北沢のそんなに高くない居酒屋でのんびりと生ビールを飲むのが唯一の楽しみです。そんな自分がこの15年ほど行っているお店2軒と、ここ数年のお気に入りの店を1軒ご紹介します。

1. 四文屋なん八 下北沢店

ここ数年、時々行くようになった店です。何しろ、肉の種類が豊富!それでいて、量が少なく安いため、色々な種類を試すことができます。昔は生レバーなどがあって、それが実に新鮮でゴマ油塩でもつければビールが進む進む君でしたよ。でも、馬刺しやセンマイ刺しなど、生もの(茹でてあったりはするけど)の種類は今でも豊富。店員も男女問わずとにかく感じが良く、客席に目を配り瞬時に注文取りに来る。21世紀の下北沢を代表する店になりつつあります。しかも、15時から営業しているため、昼でも飲みたい真正呑兵衛にとっては地獄で仏のような存在でもあります。しかも生ビールと瓶ビール、両方を備えているところも高ポイントです。

豊富な肉メニュー

出典 http://haraheri5214.blog40.fc2.com

見てくださいよ、これ。これだけでもほんの一部です。オーマイガッ! 牛にしても「テンダーロイン」なんてあるんですよ! どこのステーキ屋かっってーの。他にも牛ではイチボとかタン、ハラミとか色々あるわけです。他にもいくつか絶品を見てみましょうか。

アスパラ焼き

出典 https://30min.jp

超巨大アスパラにマヨネーズをつけて食べるのですが、このアスパラ、ひと工夫してあり、バターを身にまとっているのですね。これを絶妙な固さに焼き上げる職人の腕にはホレボレします。3本食べた友人もいましたよ!

テンダーロインステーキ

出典 http://tabelog.com

絶妙なミディアムレアで焼かれ、ステーキソースをかけてからカリッカリッのガーリックチップス。これで350円とは恐れ入りました。

センマイ刺し

出典 http://tabelog.com

ネギと酢味噌を絡めて食べるとこれがもうビールのお供にサイコーなの。ゴマ油と塩でもアリね。ただ、オッサンになると、奥歯に挟まるのがタマに傷。250円。で、これ以上紹介しても色々あり過ぎるので、最後に、必殺の締めをご紹介。知り合いの女子大生は肉を10皿食べた後、「おいしい!おいしい!」とこれを2杯食べていました。

煮込みライス

出典 http://tabelog.com

これに一味唐辛子をかけて食べるのですよ。さらには、「煮込み玉子」も追加しちゃえば、もう、言葉も出ずにハフハフと食べ続けること間違いなしであります。

2. 炭火やきとり 駅 下北沢店

お次は長く通っている店。演劇関係者風の人がよく焼き鳥を食べています。この店のすごいところは、毎週月曜日に串類が半額になってしまうところです!だから、焼き鳥が60円だったりするわけですよ。この店で、私が「当たり!」と思う日は、お通しが「タンシチュー」だった日ですね。やわらか~く煮込んだタンシチューが小鉢に出てきて、ジルジルと少しずつ飲みながら、ニンジンを細かく切って口に運ぶ。さぁ、お次はタンを2cmくらい食べちゃおうか…。いや、そうするとなくなってしまう…。その葛藤が楽しいのです。串類の種類が豊富なので、迷ってしまうかもしれませんね。

お通しのタンシチュー

出典 http://tabelog.com

そうそう、コレコレ!!!!!!!

串類、どれもウマいですよ

出典 http://tabelog.com

とはいっても、こりゃハズせない、というものは次の通り。「レバー・たれ」「せせり・塩」「シソ肉巻き・塩」。これはいいですねぇ。串を頼むとキャベツもついてきますので、野菜不足が心配な人にも優しいお店ですよ。

(あまりネット上に写真がないので)これ以上写真は紹介しませんが、同店で是非とも食べてみたいのが「チリコンカン」であります。あまり聞きなれない料理かとは思いますが、ひき肉とタマネギをメキシコ風の味付けをし、その上にチーズを乗せてオーブンで焼いたものですね。これを添えられたクラッカーに乗せ、タバスコをかけて食べるのであります。あとは、フライドポテトも案外おいしいですよ。カウンター席の座布団もなんだか柔らかく、民芸調の店内は落ち着くこと請け合いであります。

3. 焼鳥 さかえ

ここがオラの最も好きな店であります。家族経営です。何が素晴らしいかって、まずは「駅」でお通しを絶賛しておいて言うのもなんですが、この店はお通しがないのです。現在、厨房で料理の腕を振るう娘さんによると「父はお客さんが頼んでもいないものを出すのを嫌がるんです…」と。なんという良心的な発言でしょう!

かつては「豚生レバー」があり、これが名物だったのですが、今はもう出していませんね。常連からはそこが寂しがられていますが、最近メニュー改革があり、 センマイ刺しなどの生ものも登場しております。さらに、ビールはサッポロ黒ラベルと黒ビール、それに赤星を揃えるという充実のラインナップ。生ビールは サッポロの星マークの「肩」部分に泡がピッタリくる注ぐ腕に感動することでしょう。

出典 http://newyochy.exblog.jp

串は「シロ・たれ」「ナンコツ(豚)・塩」「レバー(軽焼き)・たれ」「ハラミ・たれ」「正肉・塩」が好きですね。シロ・たれはかなりボリュームがあります。

もやしのゴマ和え

出典 http://tabelog.com

茹でたモヤシをゴマ油と醤油と何か秘伝の調味料を混ぜたものに漬け、最後にゴマをかける。塩気が効いており、実に良いオツマミとなるのでした。ただし、この店は締めの炭水化物系は「磯辺焼き」しかありませんので、あくまでも呑兵衛(地元のオッサン率高し)のためのパラダイスだと思っておいてください。

ポテトサラダ

出典 http://newyochy.exblog.jp

不定期で登場するポテトサラダは、ゆで卵を細かくしたものがたくさん入っておりまして、真っ当な店のタルタルソース的な味わいがあります。これを食べてから、キチンと水でさらし、ドレッシングをかけたオニオンスライスとレタスを食べると、アラ、これが実に良く合うじゃないのよ。あなた。あったら儲けもの、と思っておきましょう。

下北に行きたくなったらシェアしよう

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス