記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
現代に蔓延する症状として、何かと話題にのぼるメタボリックシンドロームですが、そう診断されるには、どういう基準や条件があるのでしょうか?

今回はメタボリックシンドロームの基準などについて、医師に詳しく聞いてみました。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームは「内臓肥満」に、
高血圧
・高血糖
・脂質代謝異常
の3つのうち、2つ以上が組み合わさった状態をいいます。

メタボリックシンドロームがあると動脈硬化が進み、脳血管疾患や心血管トラブルなどが起こりやすくなるということで注目されています。

諸外国でもメタボリックシンドロームの基準は存在しますが、それぞれの人種・民族の体格によって基準は少しずつ異なるようです。

メタボリックシンドロームの基準の詳細を教えて!

メタボリックシンドロームの診断基準としては、おへそ周りが
・男性85㎝以上
・女性90㎝以上
であり、かつ、以下の3つの基準のうち、少なくとも2つ以上を満たすものとされています。

基準1:
以下の、どちらか一方あるいは両方。
・収縮期血圧(高いほうの血圧)が130mmHg以上
・拡張期血圧(低いほうの血圧)が85㎜Hg以上

基準2:
空腹時の血糖値が110mmHg以上

基準3:
以下の、どちらか一方あるいは両方。
・中性脂肪値が150mg/dl以上
・HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が40mg/dl以下

この基準が、日本内科学会など8団体による日本における合同基準となります。
しかし実際は、女性でおへその周りの腹囲が90cmに達するかたが、それほど多くないことから、女性の場合は基準以下の、もう少し早い段階から注意が必要であるという考え方もあります。

健康診断だけで判定されますか? 自主的に検査を受ける必要は?

会社や学校の健康診断では、血圧の測定はあると思いますし、血液検査で、空腹時血糖値およびHDLコレステロールや中性脂肪は、項目に入っている場合がほとんどだと思います。

しかし、おへそ周りの測定に関しては、行われない場合もあるでしょう。
この測定に関しては、自宅でも簡単に巻き尺で行うことができます。健康診断における血圧測定、血液検査での結果と併せて、自分がメタボリックシンドロームに該当するかどうか、ご自身の測定で、おおよそはわかるのではないでしょうか。

メタボリックシンドロームでもどのくらいの状況にあるのか、より詳しく知りたいというかたは、CTなどの画像検査で内臓脂肪量を把握したり、血糖値に関して糖負荷試験を受けることなどをおすすめします。

メタボリックシンドロームになると、どのような病気にかかりやすくなる?

メタボリックシンドロームになると、
・動脈硬化による疾患
脳卒中心筋梗塞などを含めた重篤な脳血管
・心血管トラブル
などを招きやすくなって生命にかかわる可能性があります。
また、身体のその他の部分にも動脈硬化に伴う血管トラブルを起こしてしまう可能性が高くなります。

少しお腹が出てきたり、血圧や血糖、中性脂肪が高めのことが気になっていたとしても、それらの徴候を組み合わせて危険性を考える概念は、メタボリックシンドロームが有名になるまで、統一したものはあまりありませんでした。

メタボリックシンドロームの怖いところは、自覚症状がほとんど何もないにも関わらず、動脈硬化がどんどん進行している可能性が高い点にあります。

メタボリックシンドロームにならない、3つの習慣

メタボリックシンドロームにならないように気を付けるべき生活習慣は数多くありますが、主なものとして次の3つがあげられるでしょう。

1.食事
カロリー過多や、高脂肪食品の摂取を控え、バランスの良い食生活を心がけて肥満にならないよう気を付ける。

2.運動
定期的な運動習慣を身につけましょう。このことは、カロリー消費、肥満の予防につながるばかりでなく、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減少させる、また中性脂肪を減らすことにも役立つと考えられます。

3.定期的なチェック
特に症状がなくても、定期的に健康診断を受け、おへそ周りを測定することが大切です。このことは、日ごろの生活習慣を一定期間ごとに見直す、いいきっかけにもなりますし、数値の改善が見られれば、モチベーションの維持にも役立ちます。
もしも糖尿病や高血圧にかかってしまった場合でも、早期発見、早期治療に役立ちます。

≪もしかしたら、メタボ予備軍かも!?≫
メタボ対策の前にセルフチェック!【メタボ】診断してみよう!

医師からのアドバイス

メタボリックシンドロームは、今後、もう少し基準を厳しくし、やせ形でウエストは基準を満たさないけれど、ほかの項目は満たしている「隠れメタボ」のかたなども検出できるように変更しようとする動きもあるようです。

自主的にメタボリックシンドロームの傾向はないか意識し、チェックして、健康に長生きしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス