記事提供:LITALICO 発達ナビ

アスペルガー症候群とADD(注意欠陥障害)を持つ私たち親子は、人の顔と名前を覚えるのがすこぶる苦手です。短期記憶力が弱いためなのか、軽度の相貌失認があるのか、はたまたその両方なのか。

原因を探るよりも大事なのはその対策方法。この春小学校に入学した息子は、しっかりと自分なりの“覚え方”を見つけていました。今日はその“息子らしい対策”をご紹介いたしますね。

新生活の一番のネックは「人の名前を覚えること」

就職、進学、転居、転職―新生活を始めるとき、皆さんが1番気がかりなのはどんなことですか?

アスペルガーとADDを持つ私の頭にまず浮かぶのは「人の顔と名前を覚えること」です。

1週間毎日顔を合わせている人に「初めまして」と挨拶してしまうことはザラ。学校や職場で顔を合わせていた同級生や同僚が私服になった途端、いったい誰なのかわからなくなってしまうほどです。

短期記憶力が弱いのはもちろん、軽度の相貌失認があるのかもしれません。相手に関心がないから覚えられないというわけでなく、興味がある人のこともなかなか覚えられないからこそ辛いのです。

同じくアスペルガーでADDの息子も、やはり人の顔と名前を覚えるのが苦手。意気投合して仲良く遊んだ相手でも、顔と名前を1度で覚えられることはかなり稀です。

保育園のころも、10人前後のクラスメイトを覚えるのに何ヶ月もかかっていました。

記憶には苦戦、でもなぜか余裕の表情

さて、4月から小学校に入学。クラスの人数は倍以上、20人超になります。

それについて不安はないのかと何となく聞いてみたところ、まあ、何とかなるし、何とかするしかないでしょう」と、頼もしいような呑気なだけなような言葉が返ってきました。

息子が余裕の表情を見せていたのもあり、私も大して心配はしていませんでした。

入学後、クラスメイトの顔は存外早く覚えられた模様。問題は名前。

「学校にいるときは名札があるから大丈夫なんだよねー。でも帰ってくると忘れちゃうんだよなー」と、苦戦気味の模様。それでも、

「保育園のときだって、すぐにではないけど覚えられたんだし、まあ大丈夫だよ

息子がどう「大丈夫」なのかとワクワクしていた私は約1ヶ月後、予想外の対策方法を知ることになるのです…。

その手があったか!こだわりを活かした記憶術

そしてゴールデンウィーク直前のある日のこと。学校から帰宅した息子は、満面の笑みで私にこう告げたのです。

「今日は○年○組○番の子と●年●組●番の子と3人で帰ってきたよ!」

そう、息子は数字にこだわりを持つ男。そこを活かしてまずは学年と組、番号を覚える作戦に出たのです!

「人を番号で呼ぶって、お前は看守か!!!」

私は大笑いしながら突っ込んでしまいましたが、「その手があったか!やるじゃん息子!」と心の中では感心しきりでした。

しばらくすると「○年○組○番の子」という呼び方は「○年○組○番の(フルネーム)君」という呼び方に変わり、今では学年と組、番号を名前と並べて呼ぶことはほとんどなくなりました。

スタンダードな記憶術に私が感激した理由

キーワードと関連付けて何かを覚えるというのは、昔からあるスタンダードな記憶術のひとつで、決して目新しいものではありません。

私が感心したのは、息子が自分なりに、しかも特性を活かしてその方法を見つけ出してきたことです。

「いやー、お前さんすごいな!天才だな!!」と、私が感嘆していたところ、何か勘違いしたのか「○○君は何年何組何番、●●ちゃんは何年何組何番で…」と、既に名前を覚えている友達の学年と組、番号を報告してくるようになりました。(笑)

「私、正直君の友達の番号にはあまり興味がないんだよね」

と息子に伝えたのですが、

「数字を覚えて、のん(私の呼び名)に伝えるのが楽しいから、これからも言わせてよ!」とのことなので、日々報告を受けています。

自分で対策を見つけてきた息子だから、これからもきっと大丈夫

そうそう、友達の呼び名がいつまで経ってもフルネームなので、その辺について質問してみたところ、照れたように笑ってこう答えてくれました。

「どこまでが苗字でどこからが名前か、まだ時々迷っちゃうんだよね」

「あー、『三国志』読んでてさ、“諸葛亮公明、どこで区切ったらいいのかわからない!”みたいな感じ?」

「それそれ。あ、ハルは『三国志』好きだし、諸葛亮孔明をどこで区切っていいのかはわかるよ!」

「いやいや、今のは例えだって。で、それはどうするの?」

「うーん、これも何とかなるし、何とかするしかないよね!」

息子なら、また息子らしい、息子なりの対処方法を楽しみながら見つけるような気がしているので、私はただニヤニヤしながらその報告を待つばかりです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス