記事提供:conobie

子どもを産むまで知らなかったこと。産んだからこそ、知れたこと。

目次

・想像通りにはいかない!それが子育て!
・おしゃれな子ども部屋に憧れて
・誤解していました!すみません!

想像通りにはいかない!それが子育て!

まるでオムツのCMのような、キラキラ輝いたシーンを想像していた妊娠時代。

でも実際は…赤ちゃんはおっぱいばっかりでなかなかこっちを見ないし、シーツが真っ白な状態って、ほんの一瞬。

そのギャップにびっくりした新ママ時代。

他にも、“理想”と“現実”に驚いたエピソードを紹介します!

おしゃれな子ども部屋に憧れて

可愛い我が子に、ついつい財布も緩みがち。

どんどん増える、赤ちゃんグッズ。

でも、意外にも赤ちゃんは、無料グッズが1番ハマる…。

誤解していました!すみません!

長男を妊娠中、街で赤ちゃんを抱っこして、上の子のベビーカーを押すママの横で手ぶらで歩くパパの夫婦を見て、「なにあれ!パパも手伝ってあげればいいのに!」と憤慨した私。

その2年後。

次男も生まれ、我が家の息子たちはものすごくお母さんっ子に!!

抱っこはもちろん、ベビーカーさえお父さんが押すと号泣するんです。

お父さんはやる気満々なのに、息子たちが触ることさえ許してくれない!!

仕方がないので、息子ふたりはいつも私が担当。

お父さんはいつも、申し訳なさそうに、そして寂しそうに隣を歩いていました。

あの時見かけた夫婦も、こんな事情があったのかも!?もしそうなら、誤解してごめんなさい!

「思ってたのと違う」ということが連発する子育て。

それがちょっとしんどくもあり、逆に楽しくもあるんですよね。

子育て中のみなさんは、どんな理想と現実のギャップを感じましたか!?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス