上級忍者スポーツと言われる「パルクール」をご存知ですか?フランス発祥のエクストリームスポーツと言われ、人間の身体能力を追求し効率的に移動するというまさに忍者のような神業を使ったパフォーマンスは、CGなんて一切なしの紛れもない人間の美しい移動動作。見れば見るほどその驚異の身体力に引き込まれてしまいます。

パフォーマンスやスポーツとして個人的に楽しむ人もいますが、プロのスタントマンにとってもこのパルクールは欠かせないスキル。このほどイギリス出身のマックス・ケイヴさん(24歳)という男性がこのほど香港の超高層ビルを飛び越えるという冷や汗もののパフォーマンスを演じ、イギリスメディアで話題となっています。

見ているだけで冷や汗もの…!

実はこのシーンは本番ではなく単なるウォーミングアップなんだそう。高さもさることながら、わずか15cmほどのビルの縁に見事に着地してしまう姿は「顎が外れた」という声まで上がるほど。誰もがその奇跡のような神業に見入ってしまう様子。

超高層ビルをジャンプするという危険極まりないパフォーマンスであるにも関わらず、普通のTシャツに半パンという出で立ち。身軽は身軽なんですが、万が一落ちればまず助からないでしょう。

そんなハラハラには慣れっこか…⁉

神業の跳躍力!

この写真をただ見ているだけでフォロワーからは「掌にじんわりと汗が」という声も。かなりの高さで、しかも端に立っているだけという凄技。人間の身体能力って鍛えるとここまでもできてしまうんですね。

休憩中?…にしても見ている方はリラックスできない!(笑)

これらの驚異のパルクールを自身のInstagramに投稿したマックスさん。ジャンプシーンは閲覧数が27万を超えているというのだからスゴいですよね。イギリスの「Storror」というパルクールグループに属しているマックスさんは、今回世間から注目を浴びてしまい、香港警察から連絡が来るというハプニングまであったそうです。

SNSのアカウントに目をつけられてしまったために、撮影がスムーズにできなくなるという懸念があり一時Instagramでの情報発信を控える羽目に。居所が知られてしまわないように密かに撮影を続けていたという「Storror」メンバーたち。

今度は東京へやって来た!

なんとか香港での撮影を無事に終えたマックスさんたちグループは、今度は東京へ。香港の超高層ビルも怖いけれど東京だってこんな感じ。クラクラしてしまうほどの高さです。

映画のワンシーンのよう。

今頃はきっと日本の超高層ビルを飛び回っているのでは…と想像してしまいますが、アップデートはあまりされていません。日本の警察にも目を着けられると厄介ですもんね。きっと日本を離れた後で彼らの神業パフォーマンスが投稿されると期待しましょう。マックスさんのInstagramには現在7万4千人以上のフォロワーが。どの投稿も目から鱗で顎が外れるレベルとなっております。

「遊び場だよ」

なるほど、ここが普段の遊び場なのですか…(汗)。

ここは彼らにとって「パルクールパラダイス」と呼ばれるほどなんだそう。段差のある建物を、次から次へと忍者のような早業でジャンプして移動していくことでやり甲斐を感じるのでしょうね。

鳥みたい…!

建物から建物をジャンプするのもスリル満点ですが、自然の景色とまるで融合したかのようなパフォーマンスはただただ美しく、人間って凄いなと思わずにはいられません。

マックスさんのInstagramにはそんな美しい神業ショットがたくさん投稿されています。まさにエクストリーム。興味のある方は是非下記のリンクからどうぞ。

世界のベストパルクールの動画も合わせてご覧ください

出典 YouTube

みなさんカッコ良過ぎます!

Go Proを着けてのパフォーマンス

出典 YouTube

こちらもプロのスタントマンがシカゴで撮影したもの。GoProを装着しているのでそのスピード感とドキドキ感は半端ないです!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス