行定監督が有村主演で新作を撮ると発表!!

2005年に島本理生が発表した恋愛小説『ナラタージュ』が、松本潤と有村架純によって実写映画化されることが決定しました。

出典 http://ciatr.jp

「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得し、高校教師と生徒による禁断の純愛物語。
これまでもテーマにはあった教師と生徒の禁断の恋。
しかし『ナラタージュ』はタイトルにもあるように、回想で過去を物語らせながら構成していくため「ありそうでなかった」作品になりそう。

行定勲(ゆきさだ いさお)とは?

1968年8月3日熊本県生まれ。
熊本県立第二高等学校卒業。
映画『OPEN HOUSE』で初監督。
次作『ひまわり』は、第5回釜山国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。
『GO』(第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞・最優秀助演女優賞)の成功で一躍脚光を浴び、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『北の零年』、『春の雪』などの監督作品で不動のヒットメーカーとなった。

出典 http://fmk.fm

数々のヒット作を生み出し、最近ではNEWSの加藤成亮さんが原作を書いた「ピンクとグレー」の映画監督も。

「ナラタージュ」の映画化について行定監督は

「心憂い男と女の深淵を描いた島本理生さんの原作小説を手にして十年、念願の企画が始動します。
不確かな愛に揺れる二人を松本潤さんと有村架純さんに狂おしく演じてもらうことに私自身、胸が高鳴ります。恋することがこんなに辛いのならしなければよかったと思えるような、恋愛映画の金字塔を目指してスタッフ・キャスト一丸となって挑みたいと思います。」

出典 http://www.cinra.net

とコメント。

『パレード』では第60回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞するなど、海外からも評価が高い監督です。行定監督はなかなかOKを出さないということで有名で、映画作りには人一倍こだわりを持ち、完成度の高い作品を世に送り出しています。長編映画の他にも、テレビドラマやCM、ミュージックビデオなどの製作も行っています。

出典 http://ciatr.jp

その才能は国内にとどまらず、海外でも評価されています。
NMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」のMVを手掛けるなど活躍の幅はかなり広め。


恋愛映画といえば!の行定勲監督がなんと10年も温めてきた企画。
岩井俊二監督の「Love Letter」で助監督をし、その後監督として数々の恋愛映画を作り上げてきた。そんな行定勲が監督をした恋愛映画でヒット作となる女優の顔ぶれがすごい!

柴咲コウ×行定勲監督=「GO」

出典 http://www.stardust.co.jp

金城一紀の直木賞受賞小説を原作に、新鋭・行定勲監督がポップ感覚に満ちた演出で描き上げた、切なくも痛快な青春映画の傑作。

ヒロインを演じ、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞と新人俳優賞をダブル受賞、一躍注目の若手女優になる。

長澤まさみ×行定勲監督=「世界の中心で愛をさけぶ」

出典 http://www.toho-ent.co.jp

「セカチュー」でおなじみの純愛物語。

物語は、アキという名の同級生の恋人の死から始まる。そして生前の彼女との思い出を回想するように、ふたりの出会い、放課後のデート、恋人の墓から遺骨の一部を盗んだ祖父の哀しくユニークな話、ふたりだけの無人島への旅、そして彼女の発病・入院、病院からの脱出、そして空港での彼女の死までのストーリーが語られ、その中で朔太郎は自分の「生」の充足が、彼女との出会いから始まっていたことに気づく。

出典 https://www.amazon.co.jp

森山未來と長澤まさみで映画化、その後山田孝之と綾瀬はるかでドラマ化。

長澤まさみのブレイクのきっかけとなった作品であり、この作品で長澤まさみは日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を最年少で受賞し、現在に。

竹内結子×行定勲監督=「花の雪」

出典 http://www.stardust.co.jp

ちょうど中村獅童と結婚した年なんですね。(のちに離婚)

主人公の偏向した感性を体現する妻夫木聡、 ヒロインの気品と儚さを兼ね備えた竹内結子という最高のキャスティングは、 行定監督の強い希望もあって実現に至りました。

出典 http://intro.ne.jp

気品と儚さを兼ね揃えてる女性「竹内結子」納得です。

沢尻エリカ×行定勲監督=「クローズド・ノート」

出典 http://www.erikatokyo.com

清楚で売り出し中だったエリカ様。
この映画の舞台挨拶で「別に…」事件が起きましたが。

ヒロイン・堀井香恵を演じるのは沢尻エリカ。教師を夢見ながらも、日常に埋没していた女子大生が一冊のノートによって人生を大きく変えていく等身大のキャラクターを演じる。

出典 https://www.toho.co.jp

演技力はかなりあります。今とはまた違ったエリカ様がみられます。

このように、今大活躍のスターを世に広めた行定監督の手で、
有村さんがどんな風に一皮むけるのか楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

Riko このユーザーの他の記事を見る

美に関することなら何でも貪欲に調べ上げます(笑)
映画は1日一本は必ず鑑賞(主に洋画)し、暇があれば読書で日々言葉の巧みな使い方について学んでいます。現代だけでなく、平安時代の『源氏物語』についても研究してます!
TheBeatlesを心から愛し尊敬しており、PaulのLIVEには毎回行きます。
こだわりと追及心の強すぎる女です(笑)

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス