男手一つで子供を育てることはもしかしたらシングルママよりも大変かも知れません。特に女の子を一人で育てているパパは、娘が年頃になって行くにつれて微妙な距離ができてしまうこともあるでしょう。それでも自分の子供を信じて、また、信念を持って子育てするパパはとても素敵。今回はそんな一人のシングルファーザーをご紹介しましょう。

セイディーちゃんが2歳の時からマニキュアを塗られているパパ

出典 https://www.youtube.com

ネイサン・ボンドさんはセイディーちゃんが2歳の頃から、遊びの一つとしてマニキュアをされています。そしてネイサンさんもまた娘のセイディーちゃんにマニキュアを塗ってあげています。それは今ではセイディーちゃんとネイサンさんの絆の表れの一つ。

「娘にはしっかりと独立した強い女性になって欲しい」

出典 https://www.youtube.com

シングルファーザーとしてネイサンさんがいつも願うのはセイディーちゃんに自分がロールモデルとして見てほしい、そしてセイディーちゃんもいつかロールモデルになれる存在になってほしいということ。「一人で娘を育てている父としては、娘に自信を持って強く生きていけるような人になって欲しいと思っているんだ。」

アーティストとして生計を立てているネイサンさんは、今、ジェンダーレスの時代が来ていると確信しています。「たまにマニキュアをした手を見た人から驚いた視線を送られる場合もあるけれど、僕は気にしない。娘がしてくれたことには自信を持ってるんだ。」そして、互いが好きな色のマニキュアを塗ることで「好きな色に男女の性別は関係ないんだよ」ということを教えているのだそう。

「世界にはエンドレスの可能性があるんだ」

出典 https://www.youtube.com

ネイサンさんは、マニキュアで思い出に残っている出来事を話しました。「セイディーが3歳の頃、幼稚園で先生が両親を呼んでスキルや知識をシェアしてくださいって、頼んだんだ。子供たちがどんなふうに何を親から学ぶのかを見たかったんだろうね。」

ある親はレントゲン医師で、ある親は看護師…親はみんな専門職を持っていて自分の子供たちにその分野を説明していたそう。でもネイサンさんはマニキュアを取り出し、セイディーちゃんに塗り出したのです。

するとそれを見ていた子供たちは、自分の親の話よりもネイサンさんの周りに集まって「僕もして!」「私も!」と口々に言い出したんだそう。「面白いもので、男の子の方が熱心だったよ」とネイサンさん。

マニキュアを塗るという行為は決して「女性的」というのではなく、あくまでもクリエイティブでアートな行為だとネイサンさんは思っています。アーティストらしい見解ですよね。でもその意識が、そのままジェンダーレスへの理解へと変わり「人は誰でもどんなことでもできるんだよ」という可能性を広げることへと繋がっていくのです。

散々ネイサンさん親子と一緒になってマニキュアを楽しんでいた子供たち。ところが、翌日なってネイサンさんがセイディーちゃんを学校へ送って行った時に、男の子全員が綺麗にマニキュアを落としていたことに気付いたのです。

「男の子たちが、結局嫌だと言って自分の意思で落としたんならいいんだ。でも、家で親が『マニキュア⁉女の子じゃあるまいし落としなさい』と言って強制していたとしたら、ちょっと残念だなと思ったよ。」結局、ネイサンさんは理由を聞かなかったけれど、自分で決められるような意思を持つ子供たちだったらいいなと思ったそう。

子供の意思をリスペクトできるパパって素敵

出典 https://www.youtube.com

子供の遊び相手になるというだけでなく、子供が今の時代にフィットし、これからも自由に学べるようにと子供にわかりやすい方法で教え、躾けているネイサンさん。そして子供の意思を尊重もしているからこそ、セイディーちゃんもパパのいうことをよく聞いてくれる子に育ったのでしょう。

自由な思考を持つシングルファーザー、ネイサンさん

出典 https://www.youtube.com

子供をまっすぐ素直に育てていくのは誰でも一苦労。それなりに子育ての山や谷はあるものです。でも、ネイサンさんのような自由な精神で子育てしているシングルペアレントって素敵だと思いませんか?

きっとストレスがたまることもあるでしょう。それでもネイサンさんの持ち前の性格と子育ての信念がセイディーちゃんとの絆を更に深め、互いにかけがえのない存在となっているのです。セイディーちゃんには弟がいて、母親に引き取られています。でもセイディーちゃんはパパとの暮らしに幸せを感じている様子。

これからも素敵な親子関係を!

出典 https://www.youtube.com

ネイサンさんのこの笑顔を見ると、シングルファーザーであることをめいいっぱい楽しんでいるようにも見えます。もちろん大変なこともいろいろあるでしょう。それでも「笑顔で乗り越えられる」そんな思いが伝わって来るようです。

マニキュアで結ばれた親子の絆。ちょっぴりユニークですが、ネイサンさんとセイディーちゃんにしかない唯一無二の絆です。これからも素敵な親子関係を築いて行ってほしいですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス