記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
現代人は忙しく、仕事や子育ての合間にかけこむように食べて、ついつい早食いになってしまうという方も多いと思います。早食いになるとどうしても食事を「よく噛む」ということをしなくなります。

なんとなく体にはよくないと思いつつ、すぐに影響を感じることもないのでいつも早食いになっている方は要注意です。良く噛まない食事を続けると、思わぬ病気を引き起こしてしまう可能性も出てきます。

そこで今回は、あらためてよく噛んで食べることの大切さを医師に解説していただきます。

よく噛んで食べることによって得られる5つの効果を教えてください。

よく噛んでものを食べることによって、以下の5つの効果が得られます。

1.食べ物の味を良く味わうことによって味覚が発達する

2.口周囲の筋肉を鍛えられ、あごの発達を促す

3.脳への血流が増して特に子供では脳の発達が促される

4.消化が助けられ正常な満腹感が得られるので、肥満を防ぐことができる

5.消化しやすい状態になっているため、消化器官に負担をかけにくい

また、唾液に含まれる酵素によって、食物の発がん性を抑えがんになりにくくなるとも、胃腸の機能を活性化されるともいわれています。
さらに、咀嚼筋が鍛えられることによって、言葉の発音がクリアになったり、口元が引き締まって表情が豊かになったりすると考えられています。

顎関節症の場合、よく噛んで食べてよいでしょうか?

顎関節症にはいろいろな種類と原因がありますが、一般的には顎関節症の患者さんは、長時間噛みしめるような食べ物や長時間の食事は避けるべきであると考えられています。

また、うつぶせ寝や頬杖なども顎に負担をかけるのに控えたほうがよいとされています。顎関節症のある場合は、硬いものを長時間噛んで食べることはお勧めできません。

よく噛まず食べることが習慣化してしまうと、どのような症状を引き起こしますか

よく噛まず食べることが習慣化してしまうと、以下のような症状を引き起こす可能性があります。

・よく噛んで食べれば満足感を得られるはずの食事量でも、満腹にならず食べ過ぎから肥満につながる

・噛まないことで口の中の唾液が十分分泌されず、口の中に食べかすや細菌が残り歯周病や虫歯にかかりやすくなる

・十分細かくなっていない食塊が胃腸に流入することで、胃腸に余分な負担をかける

どれくらい噛んで食べることが理想ですか?

理想的には一口につき30回程度とされています。これだけ噛むと、ごはんなどにも今まで感じなかった甘みを感じるといった新しい発見をされる方が多いでしょう。

食べ物の種類によっても異なりますが、飲み物で流し込まなくても、その食物だけで自然に液状になって飲み込めるくらいまで噛むようにしましょう。

見た目に太っていなくても、その生活にレッドカード!?
1分で簡単チェック【メタボ度】を診断してみる

医師からのアドバイス

しっかり噛んで食べることは、健康の維持・向上だけでなく、味覚的にも豊かさやおいしさ、満足感などを増すことが多いものです。

時間がなくてなかなか難しいという方も、食べる量を少し減らして、あるいはできるときだけでも、ゆっくりかんで食べる食習慣を身につけましょう。


(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス