英国海軍中尉に拾われた迷子の仔猫と、拾い主のイケメンぶりが話題になっていました。

車の中に潜んでいた迷子猫、300マイルも旅をする

出典 https://www.facebook.com

英国海軍中尉でパイロットのニック・グリマー氏(Nick Grimmer)は、バーミンガム空港から王立海軍航空基地までの300マイル(約480km)の道のりを車で走行中、かすかなミャーミャーという音に気づきます。何度か車を止めて車内や周辺を調べてみますが、猫の姿は見当たらず…。そのまま基地までたどり着きます。

出典 https://www.facebook.com

そこで基地のエンジニアに頼んで車の一部を分解して調べてもらったところ、リアバンパーのあたりに仔猫を発見しました!奇跡的に仔猫に外傷などはなく、すぐに元気になったようです。

命名:ティガー(タイガー)

出典 https://www.facebook.com

仔猫はグリマー氏と仲間達によって「ティガー(タイガー)」と名付けられ、里親募集を始められました。ティガーのお気に入りはグリマー氏のヘルメットの中。この中なら安心して眠れるようです。

拾い主がイケメンすぎる!

出典 https://www.facebook.com

可愛いティガーの姿はもちろんですが、SNSではグリマー氏のイケメンぶりが注目されました!写真を見た女性達から「どっちも欲しい」と書き込まれるほどの人気ぶり。仔猫×イケメン軍人、最強すぎます。

なついちゃった…

出典 https://www.facebook.com

里親募集をかけたものの、グリマー氏のヘルメットが気に入ってずーっとそこにいるティガー。この写真でも、お仕事中のグリマー氏のそばで安心しきって眠っています。
可愛いティガーに基地のみんなもメロメロ。このまま里親が見つからない場合は、ティガーは正式に海軍に所属することになるそうです。マスコット猫ですね!

英国海軍は船乗り猫を大事にする歴史あり

Licensed by gettyimages ®

英国海軍には、船乗り猫の伝統があります。猫は船にいるネズミを退治してくれる上に、可愛い姿に士気も高まるという一石二鳥。1940年代の「サイモン」という船乗り猫は、猫として唯一従軍記章とメダルを受賞し、立派なお墓もあるくらいです。

すくすく育ってね!

出典 https://www.facebook.com

ちなみにそのサイモンも、艦長の帽子で眠るのが好きだったとか。ティガーももしこのまま海軍で飼われることになったら、立派な活躍をしてくれることでしょう!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス