連日の暑さで早くも夏バテしてしまい、スタミナを付けたい今日この頃。

そんな時に食べたいのが、うなぎがたっぷり載った「うな重」。

もうすぐ「土用の丑の日」ですが、それまで待てないという方も多いと思います。

そんな中、Twitterではあるうぎ屋の爆盛り加減が話題になっているようです。

実際の画像がこちら!

Twitterユーザーの茂る‏(@shigel_marv)さんがあるうなぎ屋に訪れて特うな重(3700円)+ご飯大盛り(100円)を注文したところ、こちらのうな重が登場。

お重に山盛りにされたご飯の上に、うなぎが5枚ぐらい鎮座しています。

あまりにも圧巻のビジュアルに圧倒されてしまいそうですね!

この画像を添付したツイートは大反響に

この茂る‏(@shigel_marv)さんのツイートは、短時間で4800リツイートを記録。

その後もリツイートが伸び続けるなど、Twitterで大きな反響を呼んでいるようです。

ちなみに茂るさんはさらに大盛りを頼もうとしたところ、店員さんに止められてしまったようです。

一体この上というのはどれだけデカ盛りなのでしょうか…。

ツイートを見た方からは「行ってみたい」という声が続出!

他にも、数多くの反響が寄せられていました。

このお店は新小岩にある「うなぎ 和友」

この大盛りのうな重を提供しているお店は、新小岩にある「うなぎ 和友」というお店。

過去に「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)に出演するなど何度かTVで紹介されたことがあり、その盛り加減から「うなぎ界のラーメン二郎」と呼んでいる人も居るのだとか。

大盛りにしなくてもこのボリューム!

出典 https://twitter.com

こちらは大盛りではないデフォルトの特うな重を頼んだ方の写真なのですが…

フタが閉まり切らずに浮いてしまっています。

一体どれだけの量が入っているのでしょうか…

さて、満を持してフタを開けてみると・・・

!?

出典 https://twitter.com

鰻がご飯に乗り切らず、折り畳まれています!

こんなうな重見たことありません・・・。

恐るべし、「うなぎ 和友」。。。

うな重より小さい「うな丼」もこのボリューム

特うな重よりも小さい、「うな丼」(2800円)ですらこの通りボリューム満点。

これが2000円代で食べられるのだから、恐るべしです。

その背景には店主さんのモットーである「お客さんにお腹いっぱいになって帰ってもらおうという気持ちが込められているそうです。

うなぎの価格が高騰しているこのご時世、とってもありがたいですね!

その他にも親子丼(850円)や鰻の蒲焼きと焼き鳥が乗ったうなチキ丼(1900円)など、様々なメニューがあるようです。

少食の人は「ご飯少なめ」での注文が必須

こちらのお店、先ほどの画像からも分かるようにデフォルトだとご飯がかなり大盛り

ですので、残してしまわないためにも少食の方は「ご飯少なめ」で注文するのをオススメします。(何でも、常連さんでも少なめで注文する方が多いのだとか。)

また、女性の方の場合は少なめでも食べきれないので「1/3の量で」と注文する方も居るそうです。

※もし仮に残してしまっても、店員さんにお願いするとお持ち帰り用パックをくれるそうです。

ちなみに、写真はうなチキ丼のご飯少なめ。

少なめでも普通の丼レベルにご飯の量がありますね!

お店の営業時間・アクセスなど

「うなぎ 和友」は江戸川区役所や東京法務局江戸川出張所の近くにあり、徒歩だと新小岩駅からは15分~20分程かかりますが、都営バス/京成タウンバスの江戸川区役所前で下車すれば徒歩約5分ぐらいでたどり着くことが出来ます。

営業時間は11:00~13:30・17:00~20:00ですが、お昼の部で売り切れてしまうので現在は夜の部は営業していないことが多いそうです。

実際に行かれる方はお昼を狙い、お腹を空かせてから訪れてみて下さいね!

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス