マクドナルドのフライドポテトの本数をちまちま数えて、結果、わかりきった結論を確認して終わった企画をお届けしてから一年、定期チェックということで改めて「マックフライポテトはどのサイズを買うのがお得か」を調べてみることにしました。

一年前の外国為替相場は1ドル=約123円、現在は約102円と円高傾向。ずいぶんと経済状況も変わっているような気がしますが、米国育ちのポテト、はたして?

検証方法

出典 http://mitok.info

マクドナルド店舗でフライドポテトのサイズS・M・Lを各3個購入し、パッケージを除くポテトの重量をデジタル計量器で測定。加えてポテトの本数を数え、その平均値を各サイズの重量・本数としました。ちなみに本数についてはアバウトなものなので参考程度に。

※掲載した価格・計測数値は2016年6月30日時点のものです。計測は簡易的な方法によるもので精密なものではありません。また、すべての商品で同様の結果となることを保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。

で、以下が最終まとめとなります。

もっともお得なのは「Lサイズ」(微差だけど)

出典 http://mitok.info

1グラムあたりの単価でコスパの良さを見ていくと、Lサイズが2.02円/1gでもっともお得という結果に。コスパがもっとも悪いのはMサイズで2.23円/1g。そんなに大差があるわけではないですが。

ポテトの量は10%ほどのバラつきがあるっぽい

出典 http://mitok.info

ちなみに重量のバラつきをチェックすると、10%程度の誤差は仕方ないようですね。

公称量は?

出典 http://mitok.info

一応、マクドナルドの公称重量(可食部)と実測重量の比較を。

セットのポテトを「Sサイズに変更するのは損」

出典 http://mitok.info

マックフライポテトは単品よりはセットで注文するケースのほうが多いと思います。その場合、セット価格はプラス50円でLサイズへアップグレード、Sサイズにサイズダウンすれば50円お安くなるわけです。これ、お得度の観点から見ると、Sサイズに変更するのはナシ! ポテト量は50円分以上少なくなります。一方、Lサイズへのアップグレードは50円分以上の増量となるので正解。まぁ、単純に考えれば、ですけどね。

マクドナルドのフライドポテトまとめ 2016

・Lサイズがもっともお得だけど、SでもMでも大した差はない
・セット注文時はSサイズにすると損
・セット注文時はLサイズにするとお得
・ポテトの本数はSサイズが50本ほどで、サイズごとに25~30本ほど差がある

以上、「マックフライポテト」のお得度チェックでした。

一年前の数字と比較すると、とくに変化なし、といえるでしょう。EUの状況などでさらに円高が進めば、この先どうなっていくのでしょうか。

ところで、マクドナルドのフライドポテトは「アメリカのワシントン州とオレゴン州を中心とした米国北西部の肥沃な大地でゆっくりと手間をかけて育てて」いるそうです(マメ知識おわり)。

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス