記事提供:conobie

夫婦二人の時も楽しかったのですが…子どもが生まれてまた季節の楽しみが一つ増えました。

夫婦二人で暮らしていた時には…。

もともと人混みが苦手な私たち夫婦。

暑くて混雑している夏祭りには、もう行くことはないなーと思っていました。

それから9年。

双子を授かり出産。

てんやわんやの乳児期も落ち着いた、双子2歳のころ。

かわいい子ども用の浴衣を思わず買ってしまいました。

双子の初めての浴衣。

「ちょこっと着せてみよう」と着せてみると、あら不思議。

すっかり「夏祭りにGO!」な気分になっていました。

双子初の夏祭りに親もワクワク!

久しぶりのお祭りの雰囲気に一気にテンションアップ!

「そういえば…小さいころ、連れて行ってもらってたなぁ」

「そうそう、焼きとうもろこし買ってもらってた!」

「私、必ずリンゴ飴!」

最初は、あまりににぎやかな様子に、辺りをきょろきょろ見回していた双子ですが、時間とともに慣れてきて、

かき氷を堪能したり、出店を見て回ったり。

そのうちに、だんだんと辺りは暗くなり…。

いつもは早寝の双子だけれど、今日はお昼寝をたっぷりしたので、まだまだお目々ぱっちり!

そして、いよいよメインイベントの打ち上げ花火へ!

さてさて、初の花火は!?

娘は花火の音の大きさに私に抱きつき、「こわい、こわいよぉ~」を連発。

私が耳をふさいであげると、ときどき空をチラッと振り返っていました。

そして息子は…。

肩車の上で、目をきらきらと輝かせていました。

あぁ、なんだか嬉しいな…。

赤ちゃんだった二人。

いつの間にか、こんなにいろんなことを感じて、いろんなことを思うようになったんだね。

花火を終えての帰りはもちろん、

こんな苦行が待ち受けていましたが…!(笑)

それでも、夏になると、ついつい子どもたちを連れて足は夏祭りへ。

きっとそれは…。

子どもたちのこんな顔を見たいから…!

今年もやってきますね、夏祭りの季節。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス