出典 https://twitter.com

AKB48選抜総選挙で2年連続第1位に輝いた、今やAKB48グループの顔となっている、HKT48の指原莉乃さん。トーク力に優れており、バラエティ番組でも引っ張りだことなっているので、お茶の間からの人気も高く、面白いと好印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

出典 https://twitter.com

アイドルなのにアイドルらしくない、着飾らないところも彼女の魅力となっているのでしょうね。そんな指原さんが、人づきあいですっごく心がけていることがあるそうです。

上下関係の激しい芸能界に居ながらも、指原さんが考えた秘策とは・・?

偉い人にはタメ口をつかう。

出典「スッキリ!!」

大御所の方も多い芸能界で、偉い人にタメ口をつかうという事は、とても勇気がいるでしょうが、これには指原さんの考えがあるようです。

偉い人は普段、人から気を使われた存在であると踏まえた上で、「私みたいのが『そうなん?そうなんですか?』ってタメ口交じりになると、なんか好かれる♡」と言うのです。

そして、この方法にはちょっとした落とし穴があって「でも”ちょっと偉い人”は敬語じゃないと怒るから、”ちょっと偉い人”には敬語を使うようにしています。」と、相手を見て使い分けているそうです。

”偉い人”と”ちょっと偉い人”の差は器の大きさなのでしょうね。

同感という声が上がりました!

物おじせずにタメ口を使っているイメージのある指原さんだからこそ、許される部分もあるのでしょうが、タメ口を使うことで相手にも親近感を与えることが出来て、可愛い後輩だと可愛がってもらうことが出来るのでしょう。

秋元さんやタモリさんのような偉すぎる人は心が広い。

中途半端に偉い人はちょっとの無礼に敏感。

出典「逆転力~ピンチを待て~」

ご自身の著書でもこう語られている通り、多くの大人たちを見てきて、学んだことがあるようですね。すべてをタメ口にするのではなく、徐々に出してみて相手の反応を見ることで、人を見る目も養っているように感じられました。

テレビを見ている視聴者に、「自覚ないんだろう」と思わせられるのも、指原さんのキャラクターですし、人徳でもあるのでしょう。偉い人の心を掴むだけでなく、お茶の間の心も掴んでいるからこその不動のトップとなっているのでしょう。

出典 https://twitter.com

会社員の方でも、上司に対してお酒の席などで試してみると、「偉い人」であれば可愛がってもらえるのではないでしょうか♪試してみたいですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス