ケーキの中に水晶を閉じ込めた…神秘的すぎるウェディングケーキ。これが現在、海外の結婚式場で大ブームを巻き起こしていると話題になっていたので紹介したいと思います。

インスタグラムには専用のハッシュタグが設けられ、注目されていることが伺える…このケーキ。正式名称は

Geode Cake(ジオード・ケーキ/水晶ケーキ)

というそうで、アメリカの女性パティシェ“Rachael Teufel”さんが考案したもの。

なお、水晶に見える部分は、砂糖や飴細工で出来ているのだそうで、全て食べられる食材で出来ているとのこと。また、ほとんどの商品がカスタムオーダーであり、一つとして同じ物は存在しないのだそうです。

色のグラデーションによって、本物と見間違えるほどの水晶感を演出している…この水晶ウェディングケーキケーキ。ちなみに、気になるお値段は、考案者“Rachael”さんのお店だと

1つ2000ドル(約20万円)~

とのことでしたが、一つの作品を作るのに15時間以上もかかるという…このケーキ。そう考えれば、この高額な金額も納得いくのではないでしょうか?

Rachaelさんの手によって生まれたジオード・ケーキですが、現在は、様々なパティシェが新たな作品を生み出し、昨今、結婚式で引っ張りだこだという…水晶ウェディングケーキ。

では、神秘的で美しい作品の数々。どうぞご覧下さい!

目を奪われる美しさ!食べるのを躊躇してしまいそう!

本物のアメジストと全く見分けのつかない…驚異のクオリティ。ちなみにアメジストは『愛の守護石』『真実の愛を守りぬく石』と呼ばれている石。これは結婚式にピッタリですね!

シンプルだけど存在感ある逸品!手をあてたら…体力が回復しそう(笑)

いかがでしたか?

どんなに大きなウェディングケーキよりも、記憶に残る水晶ウェディングケーキ。

魅了されたのは…きっと私だけじゃないはずです。

世界一神秘的と言っても過言ではない水晶ウェディングケーキ。なお、考案者の“Rachael”さんは、現在、秘密のレシピを10ドルで販売しているので、英語がわかる方は↓のサイトから、水晶ウェディングケーキのレシピ。購入してみてはいかがでしょうか?

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス