先日、わが子の誕生の瞬間を自ら撮影したお母さんが話題になりました。しかし、今度はさらに驚愕の動画がFacebookに投稿され話題になっています。

オーストラリアには帝王切開の最中に自分で動画を撮影した母親がいた!

驚いたことに、今度は帝王切開の手術の最中に、我が子がこの世に生まれてくる瞬間を携帯電話で動画に収めていた母親がいたことが見つかりました。

ただ一言「驚愕!」

この母親はオーストラリアに住むジャクリーンさんで、今回が3度目の出産でした。

赤ちゃんの頭が出て来ました!

出典 https://www.youtube.com

泣いていますね!

出典 https://www.youtube.com

このあと切開部分を保護しながら、体を引っ張りだします。

あとひと息!

出典 https://www.youtube.com

赤ちゃんも頑張っています。

ドクターが赤ちゃんを高く抱えて・・・

出典 https://www.youtube.com

母親からしっかり赤ちゃんの顔が見えるように掲げてくださったそうです。

へその緒を切って

出典 https://www.youtube.com

ママが我が子の顔が見えるように枕元に。そして、初めてのハグ。

安堵と幸せの涙

出典 https://www.youtube.com

ここで動画は終わります。

動画を観ているこちらも、出産の感動を疑似体験したような気持ちになります。

帝王切開の手術は、最初にメスが入れられてから終了するまで30分から1時間程度です。開始して10分ほどで赤ちゃんと対面できます。また、手術室には執刀医のほかに補佐の医師、麻酔科や小児科の医師、看護師などたくさんのスタッフが待機しています。帝王切開の手術の途中で、お母さんや赤ちゃんに、もし、何かが起こっても直ちに対応できる状況になっています。

出典 http://www.csmam.com

手術動画です。不安な人は見ないでください。

出典 YouTube

帝王切開について

麻酔はどうするの?
帝王切開では、麻酔科医の管理のもとで腰椎麻酔や硬膜外麻酔が多く行われています。 いずれも下半身に効いているだけなので、手術中でもお母さんの意識はあり、手術中でも産声を聞けますし、対面することもできます。 なお、状況によっては赤ちゃんを無事出産したのち、お母さんにはお薬で寝てもらうこともあります。

出典 http://www.cs-navi.com

ということで、上半身は動かすことができますし、痛みは殆どありません。

帝王切開 術後の痛みについて

普通分娩に比べて、産後の傷の痛みや赤ちゃんのケアはできるの?など帝王切開に望むお母さん方は、いろいろな心配もあることでしょう。

Q. 帝王切開は産後がきついと聞いたけど、どうして?

A. 帝王切開は手術だからです。後陣痛といって、赤ちゃんが生まれた後子宮が収縮していく痛みがあります。それは自然分娩でも帝王切開でも変わりません。帝王切開はその痛みに加えて、手術の傷口が傷みます。しっかり縫合してありますが、痛みまではすぐにはなくなるわけではありません。しばらくはその痛みにも耐えなければなりません。痛みがあるときは、精神的にも体力的にも人は消耗します。産後はしっかりと体を休めましょう。

出典 http://www.csmam.com

新しい生命をこの世に迎える儀式、出産。出産は神々しくとても美しいものです。

普通は、胸の上あたりでカーテンで目隠しされてしまう帝王切開の様子。自分の目でもちゃんと出産の瞬間を見たい、そう思ったジャクリーンさん。この後涙を流し、生まれてきた女の子を胸に抱いたそうです。お誕生日おめでとう!

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス