人のある行為に大きく心を動かされ、インスパイアされることというのはみなさんも一度や二度、経験済みかも知れません。そして自分がインスパイアされればその気持ちをまた誰かに伝えたいと思うのも自然な感情でしょう。今回、筆者がみなさんにお伝えしたいのは、ある一人のカナダ人女性のこと。

彼女の名前はダニエル・エデンさん。ある日、彼女はイスラエルの動物保護施設を訪問しました。

犬の様子を見てまわるダニエルさん

Pinned from playbuzz.com

動物保護施設は通称、シェルターと呼ばれ虐待や元の飼い主の何らかの事情で飼えなくなった犬猫が集まる施設です。通常ここで保護され、スタッフは犬猫たちのために新しい飼い主を探します。「犬猫を飼いたい」と思う人たちがサイトを見てここにやってくるというケースがほとんどで、ダニエルさんもそんな一人でした。

これまで、何匹かを既にいろんなシェルターから引き取っていたというダニエルさんですが、たくさんいる犬の中から数匹を選ぶというのは難しいこと。今回イスラエルでダニエルさんが心を痛めたのは、このシェルターの環境があまりにも劣悪なものだったからです。

70匹の収容スペースに250匹の犬がいた…

Pinned from thedodo.com

ダニエルさんがショックを受けたのは、このイスラエルのシェルターには250匹の犬がぎゅうぎゅうになって収容されていたことでした。狭いというだけではなく衛生環境も決していいとは言えず、ネズミの死体があちこちにある施設内ではほとんどの犬たちが感染症などの病気を患っていました。

十分な食べ物を与えられていないのか、餌の時間になると犬たちは喧嘩をして奪い合うという状況。ダニエルさんはこんな環境で暮らしている犬たちの中でいったいどの子を救えばいいのか非常に悩みました。

そして彼女が決心したことは…

出典 https://www.youtube.com

なんと迷った挙句、ダニエルさんはこのシェルターを丸ごと買い取ったのです。250匹の犬全てを引き取ったダニエルさんは、90匹の犬をイスラエル国内の適切な施設へと引き渡し、25匹をカナダまで連れて帰りました。

カナダのキング・シティに捨て犬の聖地が

出典 https://www.youtube.com

実はダニエルさんは、ご主人のロブさんとカナダのキング・シティで「Dog Tales」という施設を経営しています。そこはシェルターから引き取られた犬たちの聖地、つまり人間に捨てられたり虐待されたりして行き場のなくなった犬たちを保護する施設でダニエルさんとロブさんは、広大な敷地で馬も放し飼いにし犬たちの世話を複数のボランティアと共にしています。

広大な敷地は、「捨て犬たちの公園」としてダニエルさんとロブさんが所有し利用しています。狭くて不衛生なシェルターにいた犬たちは、この「Dog Tales」で思いっきりのびのびと過ごすことができるのです。ロブさんは「ここを犬たちが家だと思ってリラックスしてくれたら。新しい飼い主が見つかるまで、ここでゆったりと過ごしてほしいね」と語っています。

出典 https://www.youtube.com

ダニエルさんのご主人、ロブさん。

出典 https://www.youtube.com

敷地内には、ちゃんと監視役のボランティアの姿も。ここに暮らす犬たちは、新しい飼い主を待っています。ダニエルさんやロブさんは、「Dog Tales」のサイトやFacebook、Instagramなどで情報を更新し、各地から新しい飼い主がやってくるのを待っています。

現在、Instagramのフォロワーは1万人を超えました。ここで暮らす犬たちの毛並みはとってもツヤツヤ。シェルターに居た頃とは違ってストレスフリーな生活をしているのでしょう。どの写真の表情もみんな素敵なんです。

人と触れ合う犬の表情も、そして人も、優しい。まさにDog Talesは犬の聖地です。

新しい家族もできたよ!

出典 https://www.facebook.com

Facebookには、そんな犬たちが次々と新しい飼い主を見つけて引き取られていく様子が投稿されています。実際にここを訪れた人も「馬と犬が雄大な敷地内で、本当にのびのび暮らしているんだ。そんな光景を見て感動したよ」というコメントを寄せています。

出典 https://www.facebook.com

引き取られた全ての犬が、今度こそ幸せに新しい家族の下で暮らしてほしいですね。

聖地には新しい命の誕生も…!

出典 https://www.facebook.com

仔犬や仔馬が生まれた時にはダニエルさんも、ロブさんも、そしてボランティアスタッフも大興奮。一匹の命を救うことで、また新たな命が生まれていく…。心無い虐待により命を失いそうになっていた犬たちは、こうしてダニエルさんとロブさんに救われ、幸せを取り戻しているのです。

出典 https://www.facebook.com

仔馬も可愛い!

「犬にとっての居心地のいい家を目指してるんだ」

出典 https://www.facebook.com

聖地と言っても、犬を保護している施設には変わりないという人もいるでしょう。でもロブさんたちは、犬たちができるだけ居心地よく生活できるように敷地内を改造し、新しい犬小屋を建て、ボランティア用のカフェまで作りました。一匹一匹が寝る場所も十分なスペースを配置。「施設だけど、犬たちには家のような感覚で過ごしてほしい」と願うロブさん。愛がなければ決してできないこと。

ダニエルさんとロブさんは、世界中のシェルターを廻って一匹でも多くの犬を窮地から救おうと懸命に活動しています。現在、世界中の犬たちが1時間に一匹の割合でどこかで誰かに捨てられていると言われています。捨てられた犬を救助し保護する団体は存在するものの、彼らの願いに反して虐待され捨てられる犬は増えるばかり。

ダニエルさんとロブさんのように、シェルターにいる犬をまるごと引き取ることなど簡単にできることではありません。それでも彼らはそれが正しいことだと信じて行動したのです。それは彼らの強い勇気と献身的な動物への愛があるからこそ。

今日、今この瞬間にも捨てられている犬たちを救おうとしているダニエルさんとロブさんのような人たちがいます。私たちも今一度、「決して動物を虐待してはいけない」と強く認識しなければいけないのではないでしょうか。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス