記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
お酒をいくら飲んでも全然平気な人と、一口飲んだだけですぐに顔が真っ赤になってしまう人…このような違いがあることを不思議に思ったことはありませんか? これには、遺伝的な体質が深く関係しています。

今回は「お酒を飲める、飲めない」体質について、医師に話を聞いてみました。

お酒を受け付けない人は、身体的にどういう傾向のある人ですか?

アルコールは体内に吸収・分解されると、途中で「アセトアルデヒド」という物質が作られます。アセトアルデヒドは毒性が高く、二日酔いの原因にもなる物質です。

このアセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水素酵素」という酵素の働きで、最終的に、無害な水と二酸化炭素に分解されます。

このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きかたは、以下の3タイプあります。

・よく働く人=お酒に強い人
・働きが弱い人=お酒に弱い人
・まったく働かない人=まったく飲めない人

このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは、遺伝によって決まっているので、もし両親ともお酒が飲めない場合には、子どももお酒が飲めない体質を受け継ぐことになります。

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むとどうなりますか?(比較的軽い症状の場合)

お酒を受け付けない人、つまりアセトアルデヒドを分解できない人が無理にお酒を飲むと、アセトアルデヒドが体にたまっていきます。

すると、いわゆる二日酔いの症状が現れます。軽い症状では、頭痛、嘔吐・吐き気などです。

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むとどうなりますか?(比較的重い症状の場合)

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むと、以下のような比較的重い症状が現れます。

・脱水による喉の渇き
・体の震え

これらの症状は、酔いとは関係なく起こります。

お酒を受け付けない体質の人は、トレーニング次第で、お酒を飲めるようになりますか?

最初はお酒をあまり飲めなかったけれど、お酒を飲んでいるうちに強くなった、という話を聞いたことがあるかもしれません。これは、半分本当です。

アルコールは「アルコール分解酵素」と「ミクロソームエタノール酸化系酵素」という酵素の働きで、分解されます。
お酒を飲み続けると、ミクロソームエタノール酸化系酵素は増えるため、アルコールの分解能力が高まることで、お酒に強くなるのです。

ただし、ミクロソームエタノール酸化系酵素は、アルコールを分解する酵素なので、もともとアルデヒドを分解できない体質の人が、いくらお酒をたくさん飲んでも、お酒に強くなることはできません。

≪飲み会続きの方はチェックしてみましょう!≫
あなたの肝臓は疲れているかも!?【肝臓のお疲れ度】診断

最後に医師からアドバイス

「お酒を飲める、飲めない」は、遺伝的な体質で決まるものです。

くれぐれも飲めない人に無理をさせて飲ませたり、またご自身が飲めないのに無理して飲んだりしないように心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス