記事提供:TOCANA

オサマ・ビンラディン――この名前に戦慄を覚える読者も多いことだろう。

そう、3000人以上が命を落とし、その後の国際情勢を一変させた大惨事である2001年のアメリカ同時多発テロ事件(9・11)を首謀した国際テロ組織「アルカイダ」の司令官にして資金提供者、かつ精神的支柱として暗躍した史上最悪のテロリストだ。

2011年5月、オサマ・ビンラディンは潜伏先だったパキスタン北部アボッターバードの隠れ家で、アメリカ軍の特殊部隊による襲撃を受けて抹殺された。

その遺体は、埋葬場所がテロリストたちの聖地となることを防ぐため、アメリカ軍によって水葬されたと発表されている。

かくして世界はオサマ・ビンラディンの脅威から解放された――などという甘い話ではなかったようだ。

なんと、成人したオサマ・ビンラディンの息子がついに姿を公にし、世界への復讐を呼びかけ始めたという。

■次世代のテロリスト、ハムザ・ビンラディン

今月9日、「アルカイダ」のメディア部門「アルサハブ」が、世界を凍りつかせる恐ろしい音声を突如として放送した。

なんとそこに登場したのは、オサマ・ビンラディンの末息子ハムザ・ビンラディン(推定年齢24歳)と名乗る男。そして彼が、「聖戦(ジハード)の継続」と「アメリカへの復讐」を高らかに宣言したのだ。

音声でハムザ・ビンラディンは、次のような主張を繰り広げている。

出典 YouTube

「アボッターバード(ビンラディン最期の地)で行われた罪に対して、何の報いもないと思ったら大間違いだ。後悔することになるだろう」

「アメリカ国民には、ムスリムへの抑圧をはじめ、リーダーたちが行っていることに対する責任があるのだ」

現在、CBSテレビをはじめとするアメリカの大手メディアはハムザ・ビンラディンの突然の出現にド肝を抜かれ、恐怖と驚きを持って事態の深刻さを伝えている。

2011年のオサマ・ビンラディン殺害時、ともに潜伏していた後継者と目される息子カリード・ビンラディン(当時22歳)も死亡しており、ビンラディン一族の脅威は取り除かれたとの見方もあった。

しかしその地位は、混乱に乗じて逃げ切ったハムザ・ビンラディン(当時19歳)にしっかりと継承されていたというわけだ。

■テロの脅威が新局面へ!?日本も危ない!

昨今、スンニ派の過激派組織「イスラム国IS)」の台頭によって影が薄くなってきた感のある「アルカイダ」だが、

今後はハムザ・ビンラディンの統率のもとで組織を強化し、世界を再び大規模テロの恐怖に陥れようと目論んでいる可能性が高いと専門家は警鐘を鳴らしている。

なお、オサマ・ビンラディンには20名程度の子どもがいるとされているが、そのうち何名が生存しており、彼らがどこで暮らしているのか、現在も不明のままとなっている。

総額2900万ドル(約30億円)といわれるオサマ・ビンラディンの遺産も行方不明のままだ。

イギリスのタブロイド紙曰く「テロの王子」ことハムザ・ビンラディンが、父親の意思を継ぎ、そして復讐のため、ついに世界に牙を向け始めたのか――?

存命中のオサマ・ビンラディンが、日本人も攻撃対象として名指ししたことを考えれば、決して他人事では済まされない話だ。またしても、次なる暴力の連鎖が始まってしまった可能性は高そうだ。

出典:CBS NEWS
出典:INDEPENDENT

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス