記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
最近は芸能人の乳がん報道などで、女性特有のがんについての関心が高まっているかと思います。
乳腺は女性にとって大切な役割を持っていますが、同時に乳腺があるために乳がんが見つかりにくい、「高濃度乳腺」という状態があることをご存知でしょうか?

今回は高濃度乳腺について、医師に解説していただきました。

高濃度乳腺ってなんですか?

高濃度乳腺とは、乳房にある、乳汁を作るための乳腺の濃度が高い状態を呼びますが、病気ではなく、特に治療の必要はありません。

乳腺は乳汁を作るためのものなので、若くて子供を産む可能性が高い年齢ほどぎっしりと詰まっていて濃度が高く、高齢になると濃度は減っていく傾向があります。

しかし、日本人では欧米人より高齢になっても乳腺濃度が高いままの傾向があるとされています。

日本人に高濃度乳腺が多いというのは本当?

日本人に高濃度乳腺が多いですが、理由は不明です。

診断されにくいのはなぜですか?

マンモグラフィはレントゲン検査の一種で、組織によってエックス線の通りやすさに差があることを利用し、乳がんを発見するものです。
乳がんでは石灰化が起こりやすいのですが、石灰化した部分はエックス線を通しにくいため、写真では白っぽく映ります。

脂肪はエックス線を通しやすく、写真では黒っぽく映ります。脂肪の多い乳房では、黒い背景の中に白い石灰化病変が浮かび上がるので、がんが発見しやすくなります。
しかし、高濃度乳腺の場合、乳腺は脂肪よりエックス線を通しにくいため、乳がんがあっても白っぽい背景に白い石灰化病変が重なってしまい、がんがあるかどうか判別しにくくなるのです。

マンモグラフィ検査以外で検査する方法は?

エコー(超音波検査)が適しています。

一般的に日本ではマンモグラフィを受けたとき、自分の乳腺の濃度がどの程度なのか、マンモグラフィで効率的に乳がんを見つけられる状態なのか、ということを通知してもらうことはありません。

20代、30代の方や、授乳中の方は、乳腺濃度が高いためエコー(超音波検査)を受けるように勧められますが、40代以降については、ごマンモグラフィが適した状態かどうか知ることはむずかしいです。
また、超音波検査も、乳房が大きい人は病変を見落とすことがある、というデメリットがあります。( 乳房の大きさと乳腺濃度とは関係ありません。)

≪しこりや、違和感ありませんか?≫
しこりに気づいてからではもう遅い?早期発見のために乳がんリスクをチェック!

医師からのアドバイス

一度結果を対面で教えてもらえる人間ドックなどで、ご自身の乳腺濃度を知りましょう。

乳腺濃度が低いとわかれば、以後はマンモグラフィで検査を受け、乳腺濃度が高ければ当面はエコー(超音波検査)を受けるようにするとよいです。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス