ドライバーの飲酒運転により、これまで様々な地域で大事故が引き起こされました。飲酒運転事故に対してはニュースや新聞で厳しい報道がされていますが、まだまだ後を絶たないドライバーの飲酒運転。これまで様々な地域で大事故が引き起こされました。

警視庁によると2015年の飲酒運転による事故は3864件で、そのうち死亡事故が201件。年々、減少傾向にあるといっても数多くの痛ましい事故がニュースで流れているのを目にします。

この飲酒運転は日本だけの問題ではなく世界中が頭を悩ませています。各国それぞれ厳しい罰則を課しても思うように減らない飲酒運転。そんな中、デンマークが新たな取り組みを始めました。この取り組みは大きな成果を上げ世界中から称賛の声が上がっています。

日本では2002年の改正道路交通法の施行で、血中アルコール濃度0.3mg/ml以上(呼気中0.15mg/l以上)が酒気帯び運転と定められました。

これは世界的に見ると厳しい方で、血中アルコール濃度0.5~0.8mg/ml以上で酒気帯び運転とする国が多いようです。

出典 http://jiko.good7num.com

出典 http://jiko.good7num.com

世界で8番目の酒気帯び運転基準値を設定する北欧・デンマーク。日本と同じくコンビニやスーパーで簡単にお酒を購入することができ、価格も同じヨーロッパ圏の中では安価だと言われています。そのデンマークが新たな取り組みで一気に55%まで飲酒運転を減らすことに成功した訳は…

車没収!

デンマーク酒気帯び基準値は世界で8番目なのですが、その取り締まりは『世界一飲酒運転に厳しい国』と言われています。

実は、車没収罰則が設定されたのは2014年の7月、その他にも免許証の剥奪と最低一ヵ月分の給与と同等額の罰金が定められています。こういった厳しい罰則と日々の取り締まりの結果、飲酒運転の死亡事故は丸3年を迎え約55%減!大きな成果を上げました。

捕まったら直ぐにレッカー車を呼ばれ、心の準備をする間もなく「愛車見送りの儀」が始まります。このようなスピード感のある罰則であれば、違反ドライバーの記憶に後悔の念が強く刻まれることになるでしょう。

没収された車はオークションにかけられ、売り上げは国庫に入るそうです。

没収による効果は定かではありませんが、このような飲酒運転撲滅のための国を挙げた努力の結果、飲酒運転による死亡事故が約半分に減りました。(2007年と2014年を比べたデータ:死者55%減、重傷者43%減)

出典 http://www.bbs.bun-chan.net

国を挙げての撲滅努力の結果が出ていますね。では、この取り組みに対し寄せられたコメントをお届けします。

Er du klar til et pust?

出典 YouTube

また、デンマークでは飲酒運転撲滅キャンペーンも盛んに行なわれテレビCMなどでも頻繁に注意喚起が流れています。

そして、皆さん各国の罰則も気になりませんか?デンマーク以外の国々は飲酒運転にどのような罰則を課しているのでしょう?

世界の飲酒運転の罰則

出典 http://jiko.good7num.com

こちらが各国の飲酒運転の罰則。フランス、ノルウェーは一生涯免停。マレーシアは配偶者まで一緒に投獄されます。
ユニークなものでいえば、オーストラリアの自費で新聞広告を出したり。トルコは郊外に連れて行かれ約32キロを歩いて帰る等があります。


他にも…

Licensed by gettyimages ®

タイでは2016年4月新しい罰則が設定されました。タイは交通事故による死亡率が世界で2番目に高い国。そこで政府が考えた新しい法律…

タイ政府は飲酒運転を減らすことを目的に、4月から「遺体安置所での奉仕作業」という刑罰を新たに導入した。運転手に反省を促すとともに、飲酒運転が死亡事故につながることを自覚させ、安全運転を励行させるためだという。

出典 http://www.recordchina.co.jp

死に触れさせ飲酒運転が死亡事故に繫がる可能性が高いということを認識してもらう為にも導入されたそうです。

自分がいかに愚かな行為をしていたのか、飲酒運転の目の前には『死』が横たわっていることを改めて考えてもらいたいとのこと。

Licensed by gettyimages ®

「少ししか飲んでないから」「これくらい大丈夫」「酔いを感じないから」など、ほんのちょっとの気の弛みが取り返しのつかない事態を招く飲酒運転でも事故。

自分の人生は当たり前、被害者、被害者の家族、自分の家族、親族、知人、大袈裟ではなく大勢の人の人生までも狂わせてしまう可能性のある飲酒運転。

罪のない人の命を奪い、自分の命までも失いかねない危険な行為は罰則云々の前に「絶対してはいけないこと」という認識を強く持って頂きたいと思います。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス