記事提供:ダ・ヴィンチニュース

「天才!志村どうぶつ園」でも大人気の、元祖ブサかわ犬“わさお”と、アイドル猫“グレ子”2匹の、奇妙で愛情たっぷりな生活に密着した写真集『グレ子とわさお』が、2016年7月8日(金)に発売された。

もともと、グレ子は野良猫、わさおは迷い犬として、飼い主の菊谷節子さんに拾われるまで厳しい境遇にあった。

そんな苦しい時代があったからなのか、どちらも他者への思いやりに満ちていて、猫と犬という垣根を超えた友情で結ばれている。そんな愛らしい2匹には、実は“知らなかった新事実”があった。

<グレ子とわさおの新事実 6選>

1:グレ子はオスだった!

グレ子という名前なのに実はれっきとしたオス。去勢をしたので、元男という言い方が正しいのだろう。

2:わさおの本当の名前はレオだった!

菊谷さんが大好きなアニメ「ジャングル大帝レオ」から、最初はレオと名付けられたのだが、あるきっかけでわさおになってしまったという。

3:わさおが有名になったのは東大生の女の子のブログ!

お店にたまたま遊びに来た東大の女の子が、わさおを見つけて、「わさわさしているからわさお」とブログに書いたことをきっかけに「わさお」として有名になったのだ。

4:わさおと出会った日に、離婚覚悟で連れて帰った!

菊谷さんは、ご主人に「次、犬や猫を拾ってきたら全部連れて家を出て行く」と誓約書を書かされていた。しかし、わさおを見捨てられず、決死の覚悟で連れて帰った。最終的に、ご主人が折れて「なんとかなるべ」と、声をかけてくれたそう。

5:グレ子とわさおがもし、喧嘩したらグレ子の勝ち!?

グレ子とわさおは喧嘩しないけれど、もしも喧嘩したとしたら、グレ子の方が猫パンチが強いから勝つと思う!と、菊谷さんは予想している。

6:わさおはレアな秋田犬だった!

スタンダードな秋田犬は、毛の短いつばき(わさおの嫁)のような身なりをしている。わさおのような長毛種は10頭のうち1~2頭の確率で生まれてくるそう。

今では、わさおがきっかけで、長毛の秋田犬コンテストが開催されるほどになった。いま大注目のレアな秋田犬だ。

このほかにも、意外と知らなかった彼らの秘密が、たくさん盛り込まれている。もちろん、2匹の愛らしい姿も必見。アイドル猫とブサかわ犬の、奇妙で幸せな日々を楽しもう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス