ネットの情報を元に、ニュースをフカボる「フカボリNEWS」のコーナー。みんなが知りたい話題のニュースにもう一歩踏み込んだ記事をお届けしていきます!

7月17日に放送される「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」(テレビ朝日系)のスペシャルゲストに、韓国の俳優、ペ・ヨンジュン氏がビデオレターで登場しました。

2003年頃から訪れた韓流ブームの火付け役で、日本を騒がせた「ヨン様」でしたが、日本のメディアに登場するのは実に3年ぶり!

■黒柳徹子の特番で3年ぶりにヨン様が登場

7月17日に放送される「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」は、日本のテレビ女優第一号である黒柳さんを語り部に、テレビの歴史をひもといていく3時間のスペシャル番組。

杉良太郎さんや水谷豊さん、近藤真彦さんなど、黒柳さんと縁の深いゲストが次々に登場するなか、2005年に「徹子の部屋」に出演したペ・ヨンジュン氏からもサプライズでVTRメッセージが届きました。

「こんにちは、ペ・ヨンジュンです」。韓国語であいさつしたヨン様の端正な顔立ちと甘~い声は今も変わらず。03年に日本で放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」を見て大ファンになった黒柳は、11年ぶりの“再会”に「キャ~!!」と少女のように大喜びした。

出典 http://www.sanspo.com

テレビ朝日「徹子の部屋」に出演した2005年から11年ぶりの再会(!?)となるお二人。収録を終えた黒柳さんは「すごくエキサイティングで、ドキドキハラハラするような本番でとても楽しかった」と振り返り…

「ヨン様には本当にびっくりしました。この頃、テレビにお出になっていないと聞いていたのに、私に向けてあいさつしてくださるなんて。変わっていらっしゃらないのにもびっくりしました。おきれいで。どんなにうれしかったか分かりません」とうれしそうに明かし、「ヨン様もぜひお元気でお暮らしくださいますようにと思っています」とメッセージを寄せた。

出典 https://news.nifty.com

どうやら最近テレビに出ていないことも把握されているご様子で、「徹子の部屋」に出演した時にペ・ヨンジュン氏へ贈った番組特製ストラップを今も大事に持っていることを知った黒柳さんは、その優しさにも大感激していたそうです。

若い世代の方は「ヨン様」といってもピンと来ない方もいるかもしれませんね。そこでまずは、ピーク時のペ・ヨンジュン氏の活躍をざっくりと振り返ってみましょう。

■韓流ブームの先駆け。全盛期の人気は本気で凄かった!

出典 https://www.amazon.co.jp

2003年、BS-2で放送されたドラマ『冬のソナタ』のヒットによりブレイク、その後2004年にNHKで放送されると、30代以降の世代を中心に人気が大爆発!

日本ではペ・ヨンジュン氏の愛称である「ヨン様」や「冬ソナ」が流行語にもなり、このドラマがもたらした経済効果は3兆ウォン(約3280億円)にも上ると評価されています。

街を歩けばヨン様グッズがあふれ、我が家でも、家に帰れば祖父母と両親が仲良く「冬ソナ」鑑賞。気づけば母は家族を置いてロケ地ツアーに韓国旅行、祖母はお土産でもらったヨン様の靴下を履く始末(笑)。とにかく凄い人気でしたよね~。

来日時の空港はお出迎えするファンでいつも大パニック!

Licensed by gettyimages ®

日本へ来日する時はいつも大変です。

2004年4月の初来日では羽田に5000人、11月には成田に3500人のファンが集結。ホテルにも集まり大混乱となった挙句、怪我人続出で大騒ぎとなり、ヨン様はホテルを移る羽目に

2005年にはついに、羽田空港から使用を断られる異例の事態となりますが、その後も来日の度に数千人に上るファンがお出迎え。

集まる2000人位はいわゆるリピーターの様な気もしますが(笑)ここまでファンを集結させる著名人はヨン様しかいないかもしれませんね~。

日本への感謝の気持ちは忘れない。社会貢献も活発

出典 http://www.mlit.go.jp

韓国の著名人は寄付やボランティアで社会貢献をしてこそ評価される傾向にあります。ヨン様は日本への感謝の意味も込めて、これまで2億円近く寄付をしてきました。

2004年「新潟県中越地震」では日本で開催した写真展の収益から3000万円を寄付、あわせてヨン様の韓国ファンも義援金を集めて寄付をしてくれました。2005年「24時間テレビ 愛は地球を救う(日テレ系)」へは2000万円を、2011年「東日本大震災」では10億ウォン(約7300万円)を寄付。さらに今年の熊本地震では5000万円を寄付とメディア露出がほぼなくなった今も日本のことを気にかけてくれています。

これはほんの一部で、他にも多岐に渡り活動。そんな姿がブームが過ぎたと言われる現在でも、根強いファンがいる理由の一つとなっているのでしょうね。

■俳優業は休止状態のペ・ヨンジュン氏

出典 http://news.kstyle.com

ヨン様は、2011年にKBSドラマ「ドリームハイ」に特別出演したものの、本格的な俳優業は、2007年のMBCドラマ「太王四神記」以来、8年間休業状態。

後輩が撮影している現場へ応援に行ったり、キム・ヒョンジュン氏の軍入所式に姿を見せたりはしているものの、2013年10月に幕張メッセで行われた「韓流10周年イベント」以来、俳優どころか公式の場にすら姿を見せていません。

この数年、ペ・ヨンジュン氏は一体何をして過ごされているのでしょうか…?

2006年、倒産目前だった会社を買収して再建

出典 http://www.keyeast.co.kr

韓流ブーム真っ只中の2006年。ペ・ヨンジュン氏は倒産寸前だったソフト会社「オートウィンテック」を9億円を投じて買収。自身の所属事務所と合併させて、芸能事務所と映画制作を手がける総合エンターテイメント会社「キーイースト」として再建させました。

ペさんは06年、約90億ウォン(約9億円)を投じて筆頭株主となり、キーイーストの経営権を獲得。その後急ピッチで事業拡大を進め、韓国芸能界有数の芸能事務所に成長させた。08年、同社は日本支社を設立。エンターテインメント番組専門テレビ局を開設し、日本市場に進出した。

出典 http://www.recordchina.co.jp

以前から「韓流ブームが長く続くよう、アジア各国のエンターテイメント業界で交流を広げる事業をしたい」と語っていたペ・ヨンジュン氏。この頃から俳優活動を休止し、本格的に実業家への道を歩み始めます。

その後、日本でエンターテイメント専門チャンネル「DATV」を開設し、中国でも大手テレビ局と業務提携。中国進出で会社の株価は前年の3倍近く上昇、売上高も100億ウォン近く増加し、これを弾みに日中韓での活動をさらに拡大させています。

現在は最大手レベルのエンターテイメント企業へと成長

出典 http://www.keyeast.co.kr

現在ではこの事務所に、誰でも知っているような大物俳優が40人以上所属し、国内屈指のエンターテイメント企業へと大躍進。さらに化粧品や免税店事業など多方面へ進出し、キーイーストの「今後の可能性は無限大」と評価されています。

気になるペ・ヨンジュン氏の資産額は?

出典 http://www.yongjoon.jp

中国進出を成功させたことで、大きく株価を上昇させたキーイースト。筆頭株主として彼が保有している株式は31.7%、約631億3000万ウォン(約58億円)を超える価値があるとされています。

今月5日に発表された「韓国芸能界の株長者ランキング」では、『東方神起』の所属事務所の会長、『BIGBANG』所属事務所の代表に続き、堂々の3位に輝きました。

この他にも1億円以上と言われる豪邸や数十億に上るビルなど多数の資産を保有。ペ・ヨンジュン氏の資産額は、一流企業の財閥レベルというわけです。凄い!

結婚&妊娠で、プライベートも充実

昨年秋、13歳年下の女優、パク・スジンさんと交際5ヵ月で電撃結婚。今年4月には妊娠を発表し、多くの祝福の声を集めました。

どうやら育児本で猛勉強するなどさっそく親バカぶりを発揮しているようですが、つわりで苦しむ奥様のために料理を作ったり、スジンさんともラブラブ。今では韓国人の憧れる夫婦の代表と言われています。

出産予定は今年11月下旬。世界的スターのペ・ヨンジュン氏と、幼少期から美少女で「無整形美女」として有名なスジンさん。二人の子供に期待が高まります。

出典 YouTube

俳優だけでなく実業家として輝くペ・ヨンジュン氏が登場する「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」(テレビ朝日系)は7月17日、夜6時57分から放送です。

黒柳さんの心が鷲づかみされる瞬間を、是非ご覧くださいね!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス