記事提供:conobie

親が思っている以上に、色々子どもは感じているんだと思いました。

完全に余裕を無くしていました

前回、『イライラするくらいなら手抜きする』というお話をさせていただきました。

ですが、手抜きをしてもどうしてもイライラしてしまうこともあります。

積もり積もったストレスが消化されず、つい子どもに厳しく怒ってしまう…。

何度言ってもいうことを聞かず、同じことを繰り返す長男に、ガミガミと怒ってしまっていた日。

そばで様子を見ていた長女が、急に話しかけてきました。

「イライラして怒ってばっかりで疲れたやろう?」

「ちょっと休んだら?」

号泣してしまいました。

涙を止められなかった。

誰かを怒っている時、他の兄弟が『自分はいい子やで!』とアピールしてくることはありましたが、

このように、私を気遣うような言葉を聞いたのは、初めてでした。

子どもは親が思っている以上に、親のことを見ていて、そして、いろいろ感じているんだと気づかされました。

親になって6年。

子育て歴6年。

まだまだ、まだまだ未熟です。

子どもに気付かされることもいっぱいあります。

失敗することも多いですが、子どもたちの笑顔のためにも、自分自身が成長しないといけない、と心から思いました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス