各地で熱戦が繰り広げられている、第98回全国高校野球選手権大会の予選

出典 https://www.okinawatimes.co.jp

夢の舞台である甲子園を目指して、連日に渡り熱戦が繰り広げられていますが、7月9日に沖縄大会で行われた“ある試合”が大きな注目を集めました。

それは沖縄大会3回戦、小禄×浦添商業の一戦。

浦添商業といえば甲子園ベスト4の実績もある、指折りの強豪校

出典 http://blog.goyah.net

浦添商業野球部は夏の甲子園に4度出場、2008年にはベスト4まで勝ち上がった実績をもつ県内でも指折りの強豪です。それだけに彼らの躍進を期待する声は毎年とても大きなものがあります。

8回表を終えた時点で1点リードしていた浦添商業

出典 https://twitter.com

試合は4番古堅のタイムリーヒットなどで浦添商業が3点を先取するも、4回裏には小禄が一挙に7点の猛打を見せて逆転。その後も追加点を許し劣勢の浦添商業でしたが、後半に巻き返しを見せて七回に3点、さらに八回には適時打とスクイズで2点をもぎ取って逆転に成功します。

8回の時点でのスコアは9-8、浦添商業が勝ち越していました。しかし…

浦添商業ナインに降り注ぐ無情の雨…

出典 http://blog.goyah.net

八回裏の小禄の攻撃中、ノーアウト一塁の場面で降雨により試合が中断。その後も雨が収まる気配はみられず、大会規定により降雨コールドゲームが成立しました。

八回途中の記録は両チームとも無効になるため、八回表の浦添商業の2点はノーカウント。よって七回までのスコアである7-8が最終スコアとなり、試合はそのまま終了となってしまったのです…

勝っていた側がまさかの敗退…。彼らの夏はこうして終わりました

出典 https://twitter.com

試合途中の時点では紛れもなく勝っていた、なのに結果は敗退。

こういった事態も現実にあり得ることはわかっていた、でもそれがどうして自分たちの最後の夏に起きなければいけないのか…。ルールだから仕方がないと頭では理解しようとしても、たやすく切り替えられるようなものじゃありません。

県高野連の又吉忠理事長は「規定の適用に問題はなかった」と発表。でも試合終了が宣言された後も、一塁ベンチ前で泣き崩れている球児たちの姿は、勝負の世界と言えど非常に残酷だと感じました。

この残酷すぎる試合結果にSNSの反応は…

Licensed by gettyimages ®

・もうこんな思いするチームがなくなるようにルールを…

・本部にお客さんが怒鳴り込んできてて…

・できるなら続けて欲しかった

・「残酷ですけど、最後は運かなと。ただ、この天気できちんと判断をした審判はさすがだなと思いました」

・「今までのきつい三年間は何やったんやって思うわ、良い形で終わらせてやりたかった…」


・「気持ちは分かるが、このグラウンドの状態見たら中止もしかたないと思う」

・「逆に小禄がこうなることも有り得たんだから文句は付けられない」

・「誰も責められん状況」

・「ルールはルールなんやろけど残酷やな」

※上記は本件に関してSNSに挙がっていた声の一部です。

勝負の世界だから仕方ないと、ルールを遵守した上で結論を出したジャッジを評価する声も挙がる中、再試合なりサスペンデッドゲームを設けるべき、ルール改定を望む声も数多く見受けられました。やはり賛否両論あるようです。

しかし、敗戦のショックで泣き崩れ、あるいは呆然とする選手たちに、浦添商業の宮良監督はこんな言葉をかけていらっしゃいました。

「理解や納得ができないのはわかるが、ここまでルールを守って頑張ってきただろう」

出典 https://twitter.com

宮良監督「理解や納得ができないのは分かるが、ルールは変えられない。ここまでルールを守って頑張ってきただろう。

こんな形で試合が終わるのは悔しい。選手にとって理解や納得するのは難しいが、最後の最後まで力を出してくれた。誇りを持ってほしい」

出典 http://www.okinawatimes.co.jp

一番悔しいのはもちろん選手たちですが、その頑張りを誰よりも見守ってきた宮良監督の胸中もお察しします。しかし、彼が仰ったとおりスポーツの世界はルールを守ってこそ成立するもの、残酷ですが受け入れるほかありません。

でも、できることなら…

「どんな結果になろうと、最後まで戦わせてあげたかった」


「まだ試合はできる」と、キャッチボールをして抗議を続けた浦添商業ナイン。
そんな彼らを後押しするべく、豪雨のなかで声を枯らしていたスタンド応援団。

途中までは浦添商業がたしかに勝ち越してはいましたが、あのまま九回裏まで試合が続いていたら、結果はどうなっていたかはわかりません。でも、悔いだけは残らないよう、最後まで戦わせてあげたかった。この試合を見守っていた誰もがそう思ったことでしょう。

翌日、小禄の応援に駆け付けていた浦添商業ナイン

出典 https://www.okinawatimes.co.jp

浦添商業を下した小禄は、翌日の準々決勝で那覇商業に勝利しベスト4進出を決めています。またこの日のスタンドには、浦添商業ナインも小禄の応援に駆けつけていたそうです。

今回の件、逆に小禄が浦添商業の立場になる展開だって充分にあり得ました。誰も悪くないし、責めることなど出来ない。高校野球に青春を捧げた彼らだから、お互いの健闘を称え合うができる。そして、この結果もしっかりと受け止めて、未来への糧に変えていけるはず…

どちらにとってもこのような決まり方は本意ではなかったでしょうが、小禄に限らず、勝ち残っていったチームはその責任と誇りを胸に、悔いのないよう全力で戦いきってもらいたいですね!

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス