交通量の多い道路に生まれたばかりの仔猫を無残にも放り捨てて走り去るという、なんとも非人道的な行為をした人がいます。

米ウエストヴァージニア州ハーパーズ・フェリーにある自宅まで車を走らせていたサマンサさんは、道路脇に何かがあることに気付きました。

目も開いていない生後間もない仔猫だった…

Pinned from lovemeow.com

サマンサさんが仔猫を見つけたタイミングはまさに奇跡。「これから渋滞になるって時に交通量の多い道路で捨てられていたのよ。もう少し遅ければ助かっていなかったわ。」サマンサさんは仔猫を動物病院へ。

最初は何か動物が死んでいるのかと思ったというサマンサさん。通り過ぎてバックミラーで確認すると、かすかに頭を動かした様子が見えたので慌てて車を止めて救助したそうです。サマンサさんの咄嗟の行為により、手のひらに乗るほどの小さな仔猫は九死に一生を得ることができました。

投げ捨てられた外傷で手術が必要だった…

Pinned from lovemeow.com

仔猫は窓から無残にも投げ捨てられたのでしょう。あちこち傷だらけで顎にも外科手術が必要だと獣医はサマンサさんに告げました。体力も弱っていることから「この猫が生き延びれば、の話ですが」と言われたそう。

一週間が山場だと言われた仔猫を自宅へ持ち帰ったサマンサさん。死んでしまうかも知れない小さな猫を献身的に介護。なんとかして餌を与え体力をつけさせようと懸命にケアしました。仔猫は「ムームー」と名付けられ、サマンサさんが飼っているブルドッグのペニーと共に暮らすことに。

Pinned from lovemeow.com

大きな強面の犬と小さくてか弱い仔猫…。この組み合わせは意外と上手くいったようです。ペニーはムームーを気に入り、すっかり仲良しに。最初の2週間こそ、なかなか餌も受け付けずこのままでは危ないという状態でしたが、ムームーは次第に餌を食べるようになり、体力を回復させていきました。

2時間ごとにプラスチックの注射器で餌を与え続け、回復を祈ったサマンサさんの願いがムームーに届いたのでしょう。5週間目に獣医に診せた時には、顎の傷も回復しているようなので手術は必要ないとまで言われるほどに。小さな体でムームーは頑張ったのです。

Pinned from lovemeow.com

ムームーを一目見て気に入った様子のペニー。「二匹はいつも一緒。ムームーはペニーの愛情をたくさん受けているわ」とサマンサさんも、一命を取り留めたムームーに嬉しさを隠せません。

サマンサさんとムームー

Pinned from lovemeow.com

「ムームーは、今回自分が受けた無慈悲な虐待で、人間ってこんなに恐ろしく残酷なんだと思ったことでしょう。世界の残酷さも彼女は悟ったに違いありません。でも、それ以上に自分を可愛がって大切にしてくれる存在も知ったはずです。どんな命でも命に変わりはありません。たとえ小さな生き物にでも、命が宿っているんです。」サマンサさんは語りました。

優しい人に救われて良かったね!

Pinned from lovemeow.com

日本でも捨て犬、捨て猫の問題は後を絶ちません。去勢をせずに放っておくとどんどん子供を産むことは飼う時には知っておかなければいけないこと。子供を産んだから、多いから面倒見切れないとあっさりと捨ててしまうのは、立派な虐待であり犯罪と同レベルです。

日本では年間20万匹の猫が殺処分されているそうです。犬の殺処分数が約8万匹と言われているので2.5倍の多さで猫は命を絶たれています。日本でも海外でも、こうした虐待の現状は、動物好きな人にとっては目を覆いたくなるようなものばかり。

「好きだから飼う」という意識だけでは生き物の面倒を見るにはあまりにも無責任だということを、私たち一人一人の人間が知るべきです。ムームーのように、瀕死の状態で優しい人に救われることは奇跡です。今一度、毎日命を失くしている犬・猫のことを思い遣る必要があるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら