7/10放送の「ワイドナショー」のワイドナB面のコーナーで、女優の忽那汐里さんが自分の名前が英語テキストに載っていたことをInstagramにアップしたことが話題となりました。

何故??笑

出典 https://www.instagram.com

何故英語の問題集に名前が載ってしまったのか不思議ですが、ご本人も、驚いているようですね。有名人だから自分の知らないところで勝手に名前が使われてしまったのでしょうか。

教科書への掲載などは著作権者への許諾は不要となる場合がある。

但し基本的には著作権者への通知や著作権者への補償金の支払いが必要。

出典「ワイドナショー」

教科書ではなくテキストだった為、より著作権も甘く、忽那さんの知らないところで名前が使われてしまったのかもしれませんね。「ワイドナショー」出演者の方からは、「英語のテキストよりも漢字のテキストで使った方が良かったのでは?」という声が溢れました。

有名人だからこそおこってしまう、このようなニュースに対し、松本人志さんがご自身の経験と持論を語られました。

わけのわからん賞にノミネートっていうのはないですか?

こないだも来ましたよ、僕に。「いいお父さん、ナイスパパなんたら」っていうのが。食い気味で断わったりましたけどね。そういうのってどうなんでしょうね。ちょっと僕は売名っていうか・・。

出典「ワイドナショー」

と、違和感を感じているようです。

ナイスパパと言われると、好感度も上がるように感じられますが、結局はその賞を売り込みたいという戦略があるのではないかという考えもあるようですが、拒否している根本的な理由も語られました。

ナイスパパを決めるのは子供ですからね。世間や周りが決めることじゃなくて娘が決めることやからね。でも娘はそこまでナイスと思ってないと思う。

出典「ワイドナショー」

納得の意見ですね。ナイスパパと決めるのは世間のイメージではありませんし、子供と接する姿を世間の方たちが見ている訳ではありませんので、選ばれる基準が分かりませんね。

視聴者からも称賛の声が溢れました。子供にとってパパは1人しかいないので、比べようがない気もしますね。しかし、このコメント自体がナイスパパだ!という意見も!

子供の気持ちを尊重する姿にもナイスパパな一面が垣間見れているのですね。

番組の中で「先日、サンリオピューロランドへ行った」というプライベートを明かした松本さん。こういった何気ない家族のエピソードをテレビで語っている姿から、ナイスパパな一面が見られてナイスパパ賞のお話も来るのでしょうね。

松本さんがナイスパパ賞を受賞することはなくても、ナイスパパだと認めているファンの方、視聴者の方は沢山いるように感じられます♪

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス