今年も七夕が終わりましたが、織姫と彦星は無事に出会えたのでしょうか。

そして、短冊に願いを込めた方も多々おられるとは思いますが、その願いが叶うといいですね。

今回、ツイッターで拝見させていただいた短冊へ込められた願いと、それに呼応していた願いがわたくしの琴線に触れましたので、ご紹介させていただきます。

ツイッターユーザー「ぎんじ(@Ginjispark)さん」のつぶやきに添えられた画像をみて、わたくしもぎんじさんと同じく泣きそうになりました。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

◎画像はこちら

出典 https://twitter.com

骨髄か臓器移植が必要と思しき方の息子さんか娘さんの願いでしょうが、字体からして義務教育児童かと思われますので、願いごとというよりも悲痛な叫びとも取れますね。
その願いに対して、両脇の短冊の文言が泣かせますね。

世知辛い世の中になったといわれる日本ですが、まだまだ捨てたものではありません。

◎ツイッターでの反応は

応援したくなりますね。
ここ数十年、短冊に願いごとを書く機会はありませんが、こういった粋なことができる人間になりたいですね。
ちょっとした善行なのかも知れませんが、天は見ております。

昔も今も、日本人の根本は変わらないと思うのですよね。
ただ、世の中があまりにも忙しなくなり、それに合わせざるを得なくなっているだけだと思いたいです。
こういった優しさに溢れた願いごとが短冊に書かれているのがその証拠です。

テレビで何度か見たことがあるのですが、困っている人を助けるという実験では、他国に比べて日本人による救済率が断トツでした。
ホント、日本人っていいですね。涙目で笑顔になれます。

日本人は“思うこと”にかけては素晴しいのですが、行動力に欠けるような気もしなくはありません。
行動しようとする思い、立派だと思います。

仰るとおりですね。
以前と比べて現在は、わりと気軽に臓器提供の意思表示ができますしね。

わたくしも、すでに意思表示を行っております。

リプライ全般、この画像に関して賛辞で溢れかえっているようですね。
日本人であることに誇りを持っているようにさえ感じます。
ですがその反面、感傷にとらわれるよりも先に行動しようという意見もみられますし、その通りだとも思いました。

◎ドナー登録って

ICカード免許証の全国導入の完了及び改正臓器移植法の施行に伴い、道路交通法施行規則で定められた運転免許証の様式が変更されました。
 平成22年7月17日の改正法施行後から新たに発行される運転免許証の裏面には、順次「臓器提供意思表示欄」が設けられることとなりました。新たな免許を取得した機会に、ご自分の意思についてご家族や友人と話し合って意思表示をしておきましょう。

出典 http://www.mhlw.go.jp

臓器に関してですが、法改正により免許証の裏面に「臓器提供意思表示欄」が設けられました。
これにより、「日本臓器移植ネットワーク」を通じてよりも、臓器提供の意思表示が身近で容易になりました。

出典 http://www.mhlw.go.jp

自署による記入になっておりますが、ご家族と十二分に話し合ってから書かれたほうが宜しいかと思います。
わたくしも、妻とよく話し合ってから記入致しました。

◎わたくしの免許証は

出典自身撮影

実際はこのような形になっております。
何度も書きますが、遺族の心情にも触れるものですので、十二分に話し合ってから記入するべきですね。
乱筆で恥ずかしいですね。

今回のツイート、小さな善意なのかも知れませんが、心に大きく響きましたね。
自分の願いごとを放棄してまで、見ず知らずの他人の願いごとを応援するという行為、ステキすぎます。
こういうツイートを見ると、日々の生活で疲れ果てた心や体も癒されるような気もします。

みなさまも、優しい気持ちになれたのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス