わらび餅と言うと、多くの人は透明でぷるぷるとしたお餅にきな粉をかけて食べるものを想像すると思います。実際に販売されているわらび餅はほとんどがそのタイプです。

でも今年話題になっているわらび餅は、ラムネわらび餅
すべてが新しすぎるわらび餅なんです。

今年大きな話題になっているわらび餅

ラムネわらび餅

《東日本》
わらび餅はわらび餅でも、斬新すぎる発想と食感から一気に人気を集めたラムネわらび餅。最大の特徴は、きな粉ではなくしゅわしゅわパウダーをかけて食べます。口の中で、まるでラムネのような感じが味わえる新感覚のわらび餅です。

《西日本》
東日本だけで販売され話題を集めていたラムネわらび餅。西日本でも待望の販売開始。西日本では、東日本の小粒とは異なり大粒の4つが入ったパックになっています。

やはり、最大の特徴がパウダーをかけて味わえるラムネのしゅわしゅわ感。"和生菓子"となっていますが、新しいジャンルのスイーツのような味わいと食感が楽しめます。

わらび餅自体にもラムネ風味の味が付いているので、そのまま食べても美味しく食べることができます。パウダーをプラスすると、あのラムネ感を堪能できます。

見た目も涼しげなラムネわらび餅。しっかり冷やすことで、よりラムネ感を味わうことができるので少し待って冷えてから食べると良さそうです♩

東日本だけで発売されている時から、話題沸騰となっていたラムネわらび餅。やっと西日本でも味わうことができます!しかも、大きな4粒がちょこっと贅沢気分♡

そして新たなわらび餅が登場

ラムネわらび餅を販売しているのは、明日香食品株式会社。この会社から新たにさっそく話題を集めている新しいわらび餅が登場!

はちみつレモンわらび餅

《東日本》
ラムネわらび餅とは逆に、東日本のはちみつレモンわらび餅は大粒の4つ入り。透き通った黄色も美しい、見た目にも鮮やかなわらび餅です。

《西日本》
こちらも、ラムネわらび餅とは逆パターンで小さい粒がたくさん入っています。はちみつレモンソースは、程よい甘みと爽やかなレモンの風味がアクセントになっています。

ラムネわらび餅でもかなり興味をひく存在とネーミングでしたが、はちみつレモンわらび餅もその組み合わせから一体どんな味なのか気になります。

気になる味わいは、こちらも美味しいとの声が多くなっています。味だけでなく食感も楽しみたいわらび餅です。

爽やかな美味しさ、ということは熱い夏にもぴったりなスイーツ◎。ひんやり冷やしてから食べてみたい…♡

お餅自体も美味しいからソースをかけなくても美味しいとの声がいくつもツイートされています。もちろんソースをかけて、しっかりはちみつレモンの味を味わうのも◎。

ラムネわらび餅も食べたことがある方は、どちらも食べてみてはちみつレモンわらび餅が好きという方も。食べ比べをするのもまた楽しい♩

どちらも夏にぴったりな味わい♡

西日本でも味わえることになったラムネわらび餅、そして東日本でも味わえるようになったはちみつレモンわらび餅。どちらも夏にぴったりな味わいなので、暑い日にしっかり冷やして食べたいスイーツです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス