記事提供:conobie

今年は、どんな願いごとをする?

目次

・「どうか○○になれますようにっ!」
・「家族が○○でありますように!」
・「○○したい」「○○が上手になりたい」
・こんな願い事もありました!

七夕と言えば、1年に1度だけ、彦星様と織姫様が会うことのできる特別な日。

でも、子どもたちに「七夕って?」と尋ねてみると、「短冊に願いを書いてぶら下げる日!」なんて答えが返ってくることも多いよう。

そこで、今回は、短冊の七夕に書かれている子どもの願いごとについてまとめてみました。

「どうか○○になれますようにっ!」

七夕の願い事の定番と言えば、やはり、「○○になりたいっ!」

今の子どもたちの場合も、基本的なところはあまり変わっていないのかもしれません。

でも、同じようでいて、時代の違いもあり、お願いの内容は、微妙に違いがあるようです。

さて、今どきの子どもたちは、いったい何になりたいのでしょうか?

心癒される、鉄板♡

時代の流れを感じる…!

純粋な将来の夢!?

具体的すぎた

意外すぎた

きっと、大好きなんだと思う

巨人に憧れる子ども

「家族が○○でありますように!」

「○○になりたい」というお願いが圧倒的に多い中、家族の幸せを願う子も少なくないようです。

子どもにとっても家族は何より大切なもの。家族の幸せや健康を願うのは親だけではありません。思わずほろり(涙)。

心に響く、願い

心から、そう願いたい

号泣レベル…

「○○したい」「○○が上手になりたい」

「○○したい」「○○が上手になりたい」というのも定番のお願いでしょう。

今どきの子どもたちは、どんなことをしたいのでしょうか?

はい、プロフェッショナルです

ちょっと欲張り(笑)

もう、必須授業だもんね…

世界平和を願う子どもたちも!

こんな願い事もありました!

ささやかな願い(笑)

ラジコン、返してもらいたいんだね(笑)

願いごとが「短冊書きたい」?

七夕は、どう過ごす?

こうして見ると、子どもたちの願い事って千差万別!

でも、その中でも多いのが、「○○になりたい」とか「○○したい」というお願いごとみたいですね。

基本的には、いつの時代も同じなのかも。

さあ、今年の七夕に向けて、短冊の準備はできていますか?

家族で一緒に書く短冊がすてきな思い出になりますように!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス