記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「シリカ」という栄養素のことをご存知でしょうか? 美容に敏感な人の間でも、話題にのぼるようになってきたようです。シリカとはどんなもので、どんな役割があるのでしょうか?
今回は、シリカについて、医師に詳しい話を聞いてきました。

シリカとはどのような栄養素ですか?

シリカとは、ケイ素とも呼ばれるミネラルの一種です。「シリカゲル」などでしか耳なじみのない方も多いかと思いますが、シリカは土や岩石などにも含まれていることが知られています。

人間の身体には、ケイ酸塩の形をとって、髪の毛や骨、皮膚や血管といった数多くの部分に含まれています。特に、私たちの気になる肌、皮膚の構成成分としても重要です。

シリカは、肌の潤いを維持することで知られる「ヒアルロン酸」や肌の張りを維持するのに役立つ「エラスチン」や「コラーゲン」といった物質の生成にも関係してくるので、美容面でも非常に重要な物質といえるでしょう。もちろん、骨や髪の毛の健康にも、シリカは大切な物質といえます。

シリカ不足になると、どうなりますか?

シリカが不足すると、髪の毛や肌、爪や骨などいろいろな部分の再生が滞ってしまい、老化が進んだり、思わぬトラブルの原因になることが考えられます。

例えば、
・肌に潤いやハリがなくなる
・骨がもろくなる・髪の毛が弱く切れやすくなる
といったことが起きると考えられます。

また、年齢を重ねることにより、体内のシリカはだんだん減少するとも考えられています。

シリカを摂取し過ぎると、よくないことがありますか?

シリカをとりすぎると、お腹が痛くなったり、下痢を起こしたり、あるいはむくみなどの症状が出ることがあるといわれています。また、嘔気や嘔吐を引き起こすこともあるとされています。

ただ、健康食品やサプリメントなどで多量に摂取しない限り、現代人の通常の食生活ではむしろ不足しがちで、過剰になることは少ないと考えられています。

シリカはどのような食材に含まれていますか?

シリカは特に、ワカメに多く含まれることが知られています。ワカメ以外にも同じ海藻類である昆布や、アサリ、大豆などにも多く含まれています。少し意外なところでは、ゴボウにも豊富に含まれています。

いずれも、人によっては食べる機会が少なそうな食材ですが、この中で、比較的気軽に取りやすいのは、豆腐、納豆、豆乳などといった大豆製品ではないでしょうか。味噌汁の具の定番、豆腐とわかめは、シリカ補給にぴったりの組み合わせといえるでしょう。

≪知らず知らずのうちに、あなたの骨は弱ってきているかも?≫
あなたの骨は大丈夫?【骨の健康】チェックしてみましょう!

最後に医師からアドバイス

私たちの食生活で、ビタミンやたんぱく質、カロリーなどを意識する機会は、比較的多いのですが、シリカのようなミネラルに注目する機会は、非常に少ないように思います。

しかし、今回取り上げたシリカをはじめとしたミネラルも、身体を気持ちよく有効に機能させるためには、非常に大切な栄養素です。忘れずにとるようにしたいですね。
(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス