記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
便秘の苦しみは多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか?出るはずのものが出ないというのは、本当に気分が悪いものですよね。

便秘の定義には個人差がありますが、長く続きすぎると思わぬ病気になることがあります。そこで今回は、便秘からなりやすい病気について医師に解説していただきました。

便秘に定義はあるのですか?

便秘の定義ははっきりとしていませんが、便の排泄が困難な状態を広く便秘と呼びます。

人によって排便リズムは個人差が大きく、「普段毎日出るから、2日出ないだけでもつらい」という方もいますし、「もともと3日に1回しか出ない。1週間出ないとつらいな」という方もおられます。その方が3日に1回で調子がよいのであればそれは病的ではありません。

便秘を放っておくとどんな症状が起きる?

便秘をほおっておくと、以下のような消化器症状が代表的です。

腹痛
・おなかの張り
・直腸に便がある感じ
食欲不振
吐き気

他にも、頭痛めまい、肩や背中が痛いという方もおられます。

固い便を無理やり出すことが習慣になると、肛門が切れて切れ痔になったり、直腸の血流が滞って外痔核内痔核になることもあります。

また、腸閉塞という病気もあります。便が出ていなくてもおならが出ていればイレウスではないことが多いですが、ひどくなると便が逆流して口から便臭がすることもあります。
この場合、入院して点滴をすることで脱水を予防し、絶食にて消化管を休め、長いチューブを入れて消化管の内容物を抜いて圧を下げることが必要です。これで対応できない場合は手術が必要になることもあります。

小さなお子さんの場合、知らないうちに何かを飲み込んでいて、それが腸に詰まって便が出なくなっていることもあります。
その場合、強い腹痛が現れるため、レントゲンやCTといった画像検査での診断が有効です。

便秘がひどい場合は何科を受診すべきですか?

消化器内科を受診し、生活指導(食事や水分の取り方、運動、睡眠など)、薬での治療がメインになります。
薬には、便を柔らかくして出やすくするような薬(酸化マグネシウム。商品名はマグミット、カマグなど)や、腸の動きをよくして排出を促す薬(商品名はプルゼニド、ラキソベロンなど)、グリセリン浣腸などがあります。

高齢者などで腸の機能が落ち、運動も難しい状態の場合、摘便(てきべん)といって、肛門から指を入れて便を掻き出す処置をすることもあります。

便秘を予防するために、日常生活で気をつけることは?

・油分をとる
油はカロリーが高くダイエットには避けられがちですが、良質のオイルをある程度取ることは便秘に有効です。

・水分を多くとる
水分を1日2リットル程度取ることも有効です。

・リラックスする
排便するためには副交感神経が十分働く必要があり、リラックスした状態である必要があります。

・睡眠をしっかりととる
睡眠を十分取るだけで便秘が解消することもあります。

≪ずっと悩んでいる便秘や下痢は、IBSという病かも!?≫
続く便秘や下痢…【過敏性腸症候群】を診断してみましょう!

医師からのアドバイス

便秘は子供からお年寄りまで多くの方が悩んでいる症状で、主に腸の長い女性に多いですが、男性にみられることもあります。下痢と便秘を繰り返すような場合は、過敏性腸症候群などの病気もあり得ます。

お悩みの場合は消化器内科でのご相談をお勧めします。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス