記事提供:conobie

次男が学校で、防犯について学んできたようです。

いかのおすしとは、

「知らない人についていかない」

「知らない人の車にはのらない」

「大声で知らせる」

「危ないと思ったら、すぐに逃げる」

「大人に知らせる」

しょうちゃんは自分はこれを守ってるから大丈夫!

悪い人には近づかないし話しないから~!と自信満々。

そんなしょうちゃんに前々から思っていたことを伝えることにしました。

「あのね…しょうちゃん…」

ショックを受けるしょうちゃん。

やっぱりわかってなかった~~。

テレビや漫画みたいに、悪人がわかりやすく悪人顔してるとは限らないんだよ~。

ニコニコ優しい顔して近づいてきて、実はめちゃめちゃ極悪人ってこともあるんだよ!!

なんでもかんでも「この人は悪い人かも??」と決めてかかって必要以上に警戒するのもよくないと思うし、

無駄に怖がらせるのもかわいそうですが(通りすがりのおばあさんに声をかけられて、話をしてみたらとっても楽しかった!とかありますし)。

自分は大丈夫!という慢心が一番危ないと思うので、あえて言ってみました。

幸い今までは変な人には出会ってないようですが…。

子どもが安心して遊べる世の中になってほしいですね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス