出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

桑田佳祐が新曲『ヨシ子さん』についてラジオ番組で「紅白に出られない」と言及した。

同日放送された『THE MUSIC DAY』で同曲を披露したばかりで、そのパフォーマンスを振り返って不安がよぎったようだ。

7月2日のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(JFN系列)でパーソナリティーを務めた桑田佳祐

ほんの10数分前に『THE MUSIC DAY 夏のはじまり』(日本テレビ系)で収録にて6月29日発売したニューシングルから『大河の一滴』と『ヨシ子さん』を披露したばかりだ。同番組用のスペシャル演出だったという。

桑田はその『THE MUSIC DAY』について「我々も出させていただきましたが、気色が悪いというか、イイんですかあれ?」と自虐的に振り返った。

なかでも“ヨシ子さん”をイメージしたと思われるダンサーの姿を「白無垢パンダ」と呼んでいるが、

彼女のキャラクターが『ミュージックステーション』で披露したときよりも強烈になっており、センターの上段(たこ焼きの暖簾の上)という最も目立つ立ち位置になっていた。

「放送事故じゃないでしょうかあれは。(マイクスタンドに)こけしを付けていますからね」

「あれじゃ紅白に出られません」と彼女を責める桑田だが、「マイクをあんな風に使ってはだめでしょう!」とは自分が股間でハンドマイクをさする振付に向けての苦言である。

リスナーからも早速ファックスが届き「『THE MUSIC DAY』、大河の一滴にしびれました」との感想に桑田は「ガクッ」と反射的に肩を落とした。

その一方で「ヨシ子さんのパフォーマンスに酔いしれてます」とあれば「おおっ~」とテンションが上がる具合で、シングル表題曲でもある『ヨシ子さん』への思い入れはことさら強いようだ。

『THE MUSIC DAY』では司会の羽鳥慎一と進行の徳島えりかアナウンサーが桑田佳祐のパフォーマンスに「いやー!桑田さんワールドですねー」「全開でしたね!」「面白かったです!」と絶賛していたが、その言葉から『ヨシ子さん』への感想だと分かる。

そんな楽曲ではあるが、ラジオ番組へその発売日に父親の姉が他界したという女性からメールが届いた。

父は離れて暮らしていた姉からの最後の手紙に「人生、笑顔を忘れずに楽しい思い出をたくさん作ってください」とあるのを見せながら「不思議だねえ。本人はそのつもりでないのにまるで遺言のようだね」と涙したという。

心を痛める26歳のリスナーは「『ヨシ子さん』に慰められています」と感謝していた。

ダンサーのキャラクターを過激にならないように抑え、桑田佳祐が下ネタ振付を我慢すれば『ヨシ子さん』を紅白で披露できるかもしれない。嫌な出来事を一時でも忘れさせてくれるパフォーマンスを全国のお茶の間に届けてほしいものである。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス