記事提供:Blog@narumi

見ず知らずの人からも松屋のカレーの感想を求められる今日このごろですが、最近販売が再開された「チキンと茄子のグリーンカレー」についてレビューしてみようかと思います。

並盛りで650円。松屋では高い部類だけど、グリーンカレーにしてはお安く感じます。

ここから食券が出てくる!

食券の半分と引き換えに、1杯の水を手に入れた。

壁ではチキンと茄子のグリーンカレーをこれでもかと押してくる。

グリーンカレーにも容赦なくあの味噌汁をセットにしてくると予想。

うむ。

エスニックな香りが立ち込める。ツンとしたスパイスと、優しいココナッツの香りだ。

こういう渋いたけのこがちゃんと入ってるのが嬉しい。

どんどんご飯サイドにかけていく。

ちなみにいま一番取材したい会社は松屋フーズだ。

本業の某メディアの記者として取材依頼を送ってはいる。カレー担当の人に、カレーにかける想いをぜひ聞きたい。牛めしチームへの対抗心はあるか?とかも。

チキンのごろごろっぷりが「ごろごろチキンカレー」を想起させる。

さらっとしたグリーンカレーがご飯に染みて、めちゃくちゃ美味い。

味はかなりの本格派。しっかりと辛くて、でもココナッツミルクが丸めていく。

チキンも柔らかくておいしい。こんなものを650円で出されたら、タイ料理屋はやってられないだろう。

メニューの名前に入ってるだけあって、茄子がなかなかの存在感。大きく切ってあり、味がすごくシミシミ。スポンジのように、カレーがじゅわっとしている。

チキン、ご飯、茄子、チキン、ご飯、茄子。最高。

この脇役的な謎きのこもがんばっていた。

これまでグリーンカレーはなかなか敷居の高い存在だった。それが松屋で、650円で、着席して5分で出てくるとは。しかも「ふつうに美味い」。

なんでもかんでもふつうに美味い国に生まれたことを感謝したい。

さて、終盤になったら、容器をかたむけよう。

もしかしたら、最初に全部かけちゃってもよかったかもしれない。

本当においしい。

もうすぐ食べ終わってしまうのがとてもかなしい。

心配している人も多いのだが、私のiPhoneは米国発売のSIMフリー端末である。

なのでシャッター音がしない。

結論としては、すごく美味しかった。チェーン店だからといって、それなり感は一切ない。ちゃんとしたタイ料理屋で出てくるグリーンカレーだ。650円でこれを出すとは驚きでしかない。

ランチタイムでこの価格に対抗できる店はあるだろうが、24時間、味噌汁付きでやってくる松屋のすごさよ。これは早急に規制が必要だ。

さもなくば、僕らは明日の昼も松屋に行ってしまうだろう。そういえばもうすぐ夏休みらしい。

――次回予告「松屋の一号店は江古田にあるんだよ」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス