記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんの頭の形を気にする親御さんは多いようです。柔らかい赤ちゃんの頭の形が、もしもいびつになってしまったら…と想像すると、確かに気になります。
今回は、赤ちゃんの頭の形について、医師に詳しいことを聞いてみました。

生まれたての赤ちゃんの頭の形がいびつなことは、よくありますか?

生まれたばかりの赤ちゃんの頭の形は、通常いびつではありませんが、
・双子などの多胎
・出産の際に鉗子(かんし)を用いた
・吸引分娩だった
などの理由により、首の骨にずれが生じ、いびつになることはあります。

赤ちゃんの頭の形は、生まれたては変わりやすいものですか?

赤ちゃんの頭は柔らかく、寝る姿勢などによっていびつになったり、変化したりすることがあります。
そのため、以前はうつぶせ寝が好まれたこともありましたが、乳児突然死症候群(SIDS)などを起こすリスクが高まることから、現在では全世界的に、あおむけ寝が推奨されています

赤ちゃんの頭の形を整えるために、できることはありますか?

通常、頭の形がいびつであることは医学的に問題を生じるものではないので、病的なものでない限りは治療を行うことはありません。それでも、赤ちゃんの頭の形を整えるためにできることとしては、
・ドーナツ枕の使用
・背中の下に折りたたんだタオルを敷く
・片側を向くくせを予防するクッションの使用
などが、頭の形を整えるために役立つことがあります。

また、一定の姿勢で長い時間過ごすような、ゆりかごやカーシートなどに乗る時間もできるだけ短くするのが好ましいでしょう。

赤ちゃんがお腹を下にした姿勢で頭をあげられるようになったら、一緒に腹這いになって遊んであげる時間を作ったり、向いてほしい方向におもちゃを置いたりすることも、効果があって楽しい方法だと思います。

頭の形が気になる場合、いつまでに対策すればいいですか?

赤ちゃんの頭の形が気になる場合は、出産後一年以内くらいに対策をとるといいでしょう。

ただ、頭の形は、頭が大きくなっていくにつれて、自然に丸い形になっていくことも多いので、過剰に心配される必要はないかと思います。

≪頑張らなきゃ…と一人で抱え込んでいませんか?≫
子どもの成長は嬉しい一方、頑張りすぎると【育児ノイローゼ】が心配です!

最後に医師からアドバイス

赤ちゃんの頭の形を心配する親御さんは多いのですが、実際のところ、成長の過程で矯正されていくことも多いようです。

どうしても気になる、という場合は市販のグッズや向きのくせを矯正する工夫をしてもよいでしょう。
ただし、うつぶせ寝を行うのは、おすすめできません。また、腹這いで運動させるときも、絶対に目を離さないようにしてください。
(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス