記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんの爪は小さくて、柔らかく、どうやってお手入れをすればいいのか、親御さんも迷うことが多いですよね。
今回は、赤ちゃんの爪の切り方について、医師に詳しく聞いてみました。

赤ちゃんの爪切りは、どれくらいで、いつ行うもの?

赤ちゃんであっても、爪の伸びるスピードは、一人一人、異なります。爪切りを行う目安としては、赤ちゃんの指を横から見てみて、指先より爪が飛び出しているようなら、お手入れしてあげるタイミングと考えてよいでしょう。

爪を切るタイミングは、大人の場合、お風呂上りが切りやすいですが、赤ちゃんの爪は、もともと柔らかいので、お風呂上りのふやけた状態だと、柔らか過ぎて深爪しやすい傾向があるので、避けたほうがいいかもしれません。
できれば、お昼寝などの際にサッと切るといいでしょう。

赤ちゃんの爪切りには、どんなタイプのものを使えばいいですか?

基本的に赤ちゃんの爪は、ぎりぎりまで短く切るのではなく、爪がとがって自分の顔などを傷つけたりしないためのものと考えたほうがいいでしょう。ですから、基本的に角を丸くする程度でよいでしょう。先の丸い、赤ちゃんの爪切り用のはさみが使いやすいですね。

手のサイズや爪のカーブなど、大人とは大きく異なるので、大人用の爪切りなどは使わないようにしましょう。
また、女性のお化粧用のはさみなどは、先が非常にとがったものがありますので、これは赤ちゃんの爪切りと大きさは似ていても安全のために絶対に使ってはいけません。

赤ちゃんの爪切りのとき、どのような点に気をつけたらいいですか?

深爪をしないことが大切です。角を丸くしてあげる程度の意識でカットするといいでしょう。できるだけ赤ちゃんの機嫌のよい時、手元を明るくして行うといいですね。

赤ちゃんの爪切り、おすすめの手順は?

まず、赤ちゃんの爪切りを行う上で重要なことは、赤ちゃんの爪を切ってあげる大人が、感覚をつかみやすいポジションをキープすることです。

1.手の爪
手の爪の場合は、赤ちゃんを座らせて向き合うと感覚がわからなくなりやすく、つい深爪をしてしまいがちですから、赤ちゃんをひざに座らせたり、あるいは少し傾斜の緩い椅子などに座らせて、頭側に立ち、上から赤ちゃんを見下ろすような格好で切ってあげると比較的安全に爪切りを行うことができます。
2.足の爪
足の爪の場合は、反対に、赤ちゃんをあお向けに寝かせて、足を持ち上げるようにしてカットしてあげると、うまくいく場合が多いようです。

また、当然のことながら赤ちゃんは嫌がって動いてしまうことがありますから、もしもの場合に備えて、しっかり爪を切る指をおさえてあげることを忘れないでください。

≪赤ちゃん肌になりた~い!!脂性肌、乾燥肌、混合肌、あなたはどの肌タイプ?≫
化粧品やスキンケア用品を選ぶとき、【肌タイプ】知っておくと便利です!

最後に医師からアドバイス

赤ちゃんの爪切りは苦手な親御さんも多いと思いますが、コツをつかめば特別なことは何もありません。
きれいに切りそろえようとせず、軽く「お手入れをする」程度の気持ちで、ゆったり取り組みましょう。
(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス