記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
これからの季節、子どもを外で遊ばせる際に気になるのが虫刺されです。
最近では玄関に吊るすタイプや服に貼るシールタイプなど、さまざまなタイプの虫よけグッズも販売されていますが、やはり完璧とはいえませんし、あまり強力なものを子どもにつけるのは心配…というお母さんも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、虫に刺されてしまった際の正しい対処法について医師に解説していただきました。

子どもが虫に刺された場合、かゆみ止めを塗っていい?

虫刺されの際に用いられるかゆみ止めにはいくつもの種類があり、子どもでも安心して使えるものもあれば、大人にはよく使われるものの、子どもにはできれば避けたほうがよいもの(代表的なものではステロイドが配合されたものなど)もあります。
ただ、虫刺されやその後のかゆみの程度によっては、ステロイドでも弱めの物を選んで子どもに使用したほうがよい場合もあります。

どのお薬を子どもに使って問題がないか、市販薬を購入する場合などは薬局の薬剤師、あるいはかかりつけの医師などに相談するようにしましょう。

虫刺されからなる「とびひ」ってどんな病気?

とびひは医学的には「伝染性膿痂疹」と呼ばれ、虫に刺されたり、かゆみのある発疹が出来た部分を掻き壊した場合などに、その部分に黄色ブドウ球菌や溶連菌などが感染してしまうものです。

症状としては、かさぶたが出来たり、水ぶくれができた後にそれが破壊されて、その部分がただれてしまったりする場合があります。
強いかゆみに耐えかねて掻いて、特に小さいお子さんがその手で身体のあちこちに触れてとびひが広範囲に広がってしまうことがあります。

子どものとびひの予防方法は?

子どもの場合、掻いてはいけないと思っても我慢することが難しく、また皮膚もまだ弱いことから大事に至りやすいので、予防が特に大切です。
具体的には、とびひの原因となる虫刺されや、治癒するときにかゆみの出やすい傷(転んだ時にできる擦り傷など)をできるだけ作らないようにすることです。

虫の多い公園やハイキングなどに行くときには、
・風通しの良い衣服で長袖・長ズボンの衣類を着せる
・虫よけスプレーを使用する
などが有効です。

虫よけスプレーも大人のものは成分が強すぎる場合がありますので、子ども用の年齢に合ったものを購入・使用するようにしましょう。

そもそも虫に刺されないようにすることはできる?

前述の内容と重なりますが、虫よけスプレーと長袖など肌の露出面積の少ない衣服が考えられると思います。
同時に、万が一気を付けていても刺されてしまった場合、早めの対処が重要です。
・掻き壊してしまわないようにガーゼなどで覆う
・かゆがっている場合は冷やす、子ども用のかゆみ止めなどを使用する
などの処置をすることで、とびひになることを防ぐことは可能です。

≪慣れない育児のストレス、一人で抱え込んでいませんか?≫
育児ストレス溜めこんでいませんか?【育児ノイローゼ】診断!

医師からのアドバイス

子どもに虫刺されはつきものです。外で遊んで、虫に刺されるというのはごく日常的なものですが、蚊を介して感染する病気などが近年話題になっていますので、できるだけ刺される機会を減らしてあげたいですね。
(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス